既存のコンテンツ エンドポイントからコンテンツを追加できます。

前提条件

コンテンツ エンドポイントを追加してあることを確認します。

手順

  1. [マイ サービス] ダッシュボードで、[コンテンツ管理] をクリックします。
  2. [コンテンツ] で、[コンテンツの追加] をクリックします。
    すでに別バージョンがキャプチャ済みの場合は、 [コンテンツの追加] ボタンまたはインライン キャプチャを使用してコンテンツを追加できます。
  3. コンテンツ パッケージのキャプチャに加えてテストまたは展開を選択し、[続行] をクリックします。
  4. コンテンツ パッケージのキャプチャの詳細を入力します。
    1. [キャプチャ エンドポイントの選択] ドロップダウン メニューから、コンテンツをキャプチャする 1 つ以上のコンテンツ タイプを選択できます。
    2. タグ名を入力し、[すべての依存関係を含める] を選択すると、コンテンツに関連付けられているすべての依存関係がキャプチャされます。
      ユーザー インターフェイス/API 内では、タグを使用してコンテンツを検索できます。
    3. [vRO パッケージ名] を入力します。名前に含まれているスペースは、アンダースコア文字 (_) と vRO パッケージ名に置き換えられます。
      vRO パッケージ名は、いくつかの vRealize Orchestrator 依存関係を含む vRealize Orchestrator または vRealize Automation コンテンツにのみ適用されます。このフィールドは、 vRealize Orchestrator コンテンツを効率的に管理するために使用されます。新しい名前を指定すると、すべての vRealize Orchestrator コンテンツが 1 つのパッケージにマージされます。ドロップダウン メニューから既存の名前を選択すると、パッケージの新しいバージョンが作成され、そこにすべての vRealize Orchestrator コンテンツがマージされます。そのエンドポイントに基づくパッケージのバージョンがすでに存在する場合、以前のバージョンに含まれていた古いコンテンツは、新しいコンテンツとともに新しいバージョンに含まれます。そのため、 vRealize Orchestrator コンテンツの作業を少しずつ進めていくことができます。
      対象のコンテンツ エンドポイントから vRealize Orchestrator パッケージが事前にキャプチャされていない場合、新しいバージョンが作成されますが、コンテンツは以前のバージョンと異なる可能性があります。コンテンツを付加する場合は、まず、追加する vRealize Orchestrator パッケージを vRealize Orchestrator コンテンツ エンドポイントに展開します。パッケージ名を入力しない場合、 vRealize Orchestrator パッケージの名前は、キャプチャされたコンテンツに「-vro」を名前の一部として追加したものになります。検出され、キャプチャされたすべての vRealize Orchestrator コンテンツは、コンテンツ ファイル内の個々のワークフローも含め、作成される vRealize Orchestrator パッケージに表示されます。
    4. コンテンツを本番環境で使用する準備が整ったら、[このバージョンを稼動準備完了とマーク] を選択します。
    5. このコンテンツ バージョンの説明を [コメント] フィールドに入力します。
    6. [次へ] をクリックします。
    注: あるエンドポイントについて初めてコンテンツを一覧表示すると、ユーザー インターフェイスによってエンドポイントからコンテンツが取得されます。ただし、キャプチャ済みの場合、コンテンツはキャッシュされ、コンテンツ リストの自動更新がバックグラウンドで 30 分ごとに実行されます。 [最新のコンテンツを取得] を選択すると、この時間の途中でもコンテンツを取得できます。
  5. コンテンツ エンドポイントのテストの詳細を入力します。
    このオプションは、コンテンツ パッケージをテストすることを選択した場合にのみ表示されます。
    1. 1 つ以上のコンテンツ エンドポイントを選択して、テストを実行する環境を指定します。
    2. テストを実行する前に、[コンテンツの展開] を選択してコンテンツをエンドポイントに展開します。
    3. エラーが発生したらテストを停止する場合は、[1 回目の失敗でテスト展開を停止] を選択します。
    4. コンテンツに対して使用可能な単体テストがある場合に実行するには、[単体テストの実行] を選択します。
    5. いずれかの単体テストが失敗したらテストを停止する場合は、[1 回目の失敗で単体テストを停止] を選択します。
    6. [単体テスト サーバの選択] ドロップダウン メニューから、単体テストを実行するサーバを選択します。
      単体テスト サーバを使用するには、 vRealize Orchestrator テスト パッケージがインポートされている必要があります。
    7. [次へ] をクリックします。
  6. コンテンツ パッケージのチェックインの詳細を入力します。
    このオプションは、コンテンツ パッケージをチェックインすることを選択した場合にのみ表示されます。
    1. [リリース エンドポイントの選択] ドロップダウン メニューから 1 つ以上のコンテンツ エンドポイントを選択して、システムがコンテンツをリリースする本番環境を指定します。
  7. [送信] をクリックします。
    1 つのコンテンツ キャプチャを選択した場合は、コンテンツ パイプラインが 1 つのみ表示されます。複数のコンテンツ キャプチャを選択した場合は、各コンテンツに対してトリガされる個々のキャプチャ パイプラインが表示されます。