vRealize Operations Manager のインスタンスを vRealize Suite Lifecycle Manager にインポートすることができます。

前提条件

必要な IP アドレス認証情報があることを確認します。

手順

  1. [環境の作成] 画面で環境を作成した後に、製品カードで vRealize Operations Manager チェック ボックスをオンにします。
  2. [インポート] を選択して、[次へ] をクリックします。
  3. vRealize Operations Manager[マスター ノードの IP アドレス][root]、および [管理者パスワード] を入力します。
    注: 管理者パスワードは、管理者権限を持つユーザー用ではなく、ローカル ユーザー専用にする必要があります。
    注: ノードごとに異なるパスワードが設定されている場合、インポート申請は失敗します。失敗した各申請を再試行するときに、正しいパスワードを指定できます。
    注: マスター ノードの呼称は、プライマリ ノードになりました。
  4. [vCenter Server]vCenter Server インスタンスを選択します。
  5. [次へ] をクリックして、概要を確認します。
  6. [送信] をクリックしてインポートします。
    注: 既存の vRealize Operations Manager インストールをインポートする場合は、すべての vRealize Operations Manager ノードで SSH を有効にし、すべてのノードで root パスワードを設定する必要があります。