VMware Identity Manager のインスタンスを vRealize Suite Lifecycle Manager にインポートすることができます。

手順

  1. [環境の作成] 画面で環境を作成した後に、製品カードで VMware Identity Manager チェック ボックスをオンにします。
  2. [インポート] を選択して、[次へ] をクリックします。
  3. 有効な FQDN アドレスを入力します。クラスタ化された VMware Identity Manager をインポートするには、ロード バランサのホスト名を使用します。
  4. テナント対応の VMware Identity Manager をインポートするには、[デフォルトのテナント エイリアス ホスト名] を入力します。
  5. システム管理者、管理者、SSH ユーザー、および root のパスワードが自動的に一覧表示されます。
  6. [デフォルトの構成管理者ユーザー名] を入力します。
  7. (オプション)[グループ メンバーの同期] チェック ボックスをオンにして、vCenter Server リストを選択します。
  8. [次へ] をクリックして、概要を確認します。
  9. [送信] をクリックします。