以前にキャプチャしたコンテンツをソース制御エンドポイントにチェックインできます。

前提条件

ソース制御エンドポイントを vRealize Suite Lifecycle Manager に追加してあることを確認します。ソース制御の要件については、vRealize Suite Lifecycle Manager コンテンツ ライフサイクル管理を使用したソース制御を参照してください。

注: コンテンツのチェックインは 1 回ずつ実行され、一度に最大 1,000 ファイルがサポートされます。

手順

  1. [マイ サービス] ダッシュボードで、[コンテンツ管理] をクリックします。
  2. [コンテンツ] で、キャプチャするコンテンツ パッケージの名前をクリックします。
  3. テストするコンテンツ パッケージの名前をクリックします。
  4. チェックインするバージョンの右側にある、縦に 3 つ並んだドットをクリックし、[チェックイン] を選択します。
  5. コンテンツ パッケージのチェックイン先になるコンテンツ エンドポイントを選択します。
  6. チェックインするコンテンツ パッケージに関連付けられているすべての依存関係を含める場合は、[すべての依存関係を含める] を選択します。
  7. [コメント] フィールドに説明コメントを入力し、[チェックイン] をクリックします。
    注: チェックイン コメントの入力は必須です。
    vRO パッケージをチェックインするときには、ソース制御内にある既存の vRO パッケージとマージするオプション機能を使用できます。これにより、キャプチャされたすべてのファイルは、選択したパッケージのパスにチェックインされます(最終的にはマージされます)。パッケージが表示されない場合は、 [ソース制御エンドポイントの選択] > [Orchestrator パッケージ タイプ] の順に選択し、キャッシュを更新してからチェックインすると、マージする必要がある vRO パッケージが表示されます。Orchestrator パッケージをチェックインすると、次の新しい機能を追加で使用できます。
    • エンドポイントのカスタム Orchestrator パッケージを LCM 内の uber パッケージ バージョンにマージできます。
    • カスタム Orchestrator パッケージを GitLab の uber パッケージに直接マージすることができます。
    • エンドポイントに展開するときに、Orchestrator パッケージからコンテンツのサブセットをリリースできます。
    • 依存関係管理の一環として、コンテンツ バージョンから依存関係を削除できます。
    vRealize Automation コンテンツのチェックインでは、GitLab で直接マージできます。依存関係なしでチェックアウトしても、依存関係ありでチェックアウトしても、次の操作を実行できます。
    • パッケージの依存関係を最新バージョンから削除できます。たとえば、vRealize Automation コンテンツのチェックインを依存関係ありで実行し、依存する Orchestrator パッケージを GitLab 上の uber パッケージに直接マージするオプションを有効にした場合が考えられます。同じ自動化コンテンツを依存関係ありでソース制御からチェックアウトする場合も同様です。

結果

ソース制御ブランチでコード レビューが無効になっている場合、コンテンツは自動的にマージされます。

次のタスク

ソース制御ブランチでコード レビューが有効になっている場合は、コード レビューが完了した後に、自身で、または別のコード レビューアが GitLab にコンテンツを手動でチェックインする必要があります。GitLab にコンテンツをチェックインしたら、vRealize Suite Lifecycle Manager のソース制御サーバから最新バージョンのコンテンツをキャプチャします。

コンテンツ エンドポイントで開発を継続する場合は、ソース制御から最新バージョンのコンテンツをキャプチャし、開発コンテンツ エンドポイントに展開します。これによってコンテンツ エンドポイントが更新され、コンテンツはソース制御と同期され、その後のチェックインが有効になります。

[アクティビティ ログ] で、チェックインのステータスを確認できます。