vRealize Operations Manager を環境内でアップグレードする前に、製品ユーザー インターフェイスから検証前チェックをトリガできます。 vRealize Operations Manager アップグレードを評価し、後でアップグレード操作を許可できます。製品互換性マトリックスを検証する必要があることも検証できます。

前提条件

[環境の管理] に古いバージョンまたは既存のバージョンの vRealize Operations Manager インスタンスがあることを確認します。

手順

  1. 既存の vRealize Operations Manager 製品の垂直方向の省略記号を右クリックし、[アップグレード] を選択します。
    互換性マトリックス情報は、アップグレードが必要な製品の新しいバージョン、互換性があるバージョン、互換性がないバージョンと一緒にロードされます。
  2. [製品の詳細] セクションで、次のリポジトリ タイプを選択できます。
    オプション 説明
    リポジトリの URL このオプションを選択すると、Lifecycle 仮想アプライアンスのローカル アップグレード ファイルの場所を手動で追加できます。
    vRealize Suite Lifecycle リポジトリ このオプションを選択すると、LCM を介してバイナリをマッピングした後に使用可能なアップグレード パスを入力できます。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. ファイル形式と [LCM からのバージョン サポート] を実行するには、[事前チェックの実行] をクリックします。
    事前チェックの検証が完了したら、レポートをダウンロードしてチェックと検証の状態を表示できます。
    注: vRealize Operations Manager インスタンスをアップグレードするときは、次の 2 つのオプションがあります。
    • 事前チェックの実行: vRealize Operations Manager をアップグレードするには実行する必要があります。
    • 評価ツールの実行:このオプションを使用して、 vRealize Operations Manager APUAT ツールを実行できます。

    vRealize Operations Manager APUAT ツールのバイナリは vRealize Suite Lifecycle Manager ビルドにバンドルされ、vRealize Suite Lifecycle Manager が展開された後、デフォルトで vRealize Suite Lifecycle Manager 仮想アプライアンスの場所 (/data/lcmcontents/) に配置されます。

    注: 不一致を評価した後に事前チェックを再実行する場合は、 [事前チェックの再実行] を選択します。事前チェックは、 [送信] 切り替えボタンを使用して実行することもできます。

    vRealize Operations Manager の OS 管理者パスワードの有効期限が切れた場合、管理者アカウントがロックされたかどうかにかかわらず、 vRealize Operations Manager のチェックイン中のアップグレード事前チェックが機能しません。vRealize Suite Lifecycle Manager ユーザー インターフェイスで vRealize Operations Manager の管理者パスワードを変更でき、その後 vRealize Operations Manager の事前チェックを再度クリックできます。 vRealize Operations Manager 管理者パスワードは、vRealize Suite Lifecycle Manager 外部の vRealize Operations Manager で直接変更し、その後、vRealize Suite Lifecycle Manager ユーザー インターフェイスで選択した vRealize Operations Manager インスタンスのインベントリ同期を実行することもできます。 vRealize Operations Manager[アップグレード事前チェックの実行] を再度クリックします。