コマンドライン インストーラを使用して、vCenter Cloud Gateway のインストールをスクリプト化または自動化します。

vcgw-deploy コマンドを使用して、コマンド ラインから vCenter Cloud Gateway をインストールします。vcgw-deploy を使用すると、vCenter Cloud Gateway のインストールのほか、インストール テンプレートの検証およびインストールの事前チェックを実行できます。vcgw-deploy のすべてのオプションのリストを表示するには、vcgw-deploy install --help を実行します。

手順

  1. vCenter Cloud Gateway のダウンロード ページにログインし、vCenter Cloud Gateway の ISO イメージをダウンロードします。
  2. インストールする JSON テンプレートを準備します。
    1. インストーラの ISO イメージで、cli-installer/templates ディレクトリを参照します。
      このディレクトリには、 ESXi ホストに直接、または vCenter Server システムを介して vCenter Cloud Gateway をインストールするためのサンプルの JSON テンプレートが含まれています。
    2. テンプレートを作業ディレクトリにコピーし、必要なパラメータが含まれるように編集します。
      使用可能なテンプレート パラメータの詳細については、オプション --template-help を使用してインストーラを呼び出します。たとえば、Windows では vcgw-deploy.exe install --template-help と入力します。
  3. コマンド ラインで、ディレクトリを cli-installer ディレクトリに変更し、インストールの事前チェックを実行します。
    • Windows OS の場合は、vcgw-deploy.exe install path-to-template --precheck-only と入力します。
    • Linux OS の場合は、vcgw-deploy install path-to-template --precheck-only と入力します。
    • Mac OS の場合は、vcgw-deploy install path-to-template --precheck-only と入力します。
    指定されたテンプレートとパラメータに関する問題がこの事前チェックによって特定されるため、エラーがある場合はインストールを開始する前に修正できます。
  4. インストーラを起動します。
    • Windows OS の場合は、vcgw-deploy.exe install path-to-template --accept-eula と入力します。
    • Linux OS の場合は、vcgw-deploy install path-to-template --accept-eula と入力します。
    • Mac OS の場合は、vcgw-deploy install path-to-template --accept-eula と入力します。

次のタスク