VMware は、vSphere+ 用にシンプルで柔軟なサブスクリプション モデルを提供します。新しいサブスクリプションを購入することも、既存のライセンスをサブスクリプションにアップグレードすることもできます。サブスクリプションの期間は、事前に定義された期間(1 年または 3 年)になります。

vSphere+ サブスクリプションには VMware® Tanzu Standard Runtime Edition も含まれています。これは、vCenter ServervSphere+ にサブスクライブした後に使用できます。

vSphere+ にサブスクライブする vCenter ServervSAN クラスタを管理する場合、vSphere+ サブスクリプションに加え、vSAN+ サブスクリプションを購入する必要があります。vSphere+ は、vSAN+ サブスクリプションを使用している場合にのみ、vSAN クラスタをサポートします。ライセンスを使用する vSAN クラスタは、vSphere+ ではサポートされません。

VMware Cloud DR サブスクリプションを使用して、仮想マシンを保護できます。購入の詳細については、VMware Cloud Disaster Recoveryを参照してください。

必要なサブスクリプション容量の決定

vSphere+ のサブスクリプション容量は、vSphere+ にサブスクライブする vCenter Server インスタンスに関連付けられたすべての ESXi ホストの各 CPU の物理 CPU コアの合計数に基づきます。同様に、vSAN+ のサブスクリプション容量は、vCenter Server の管理対象の vSAN クラスタに関連付けられたすべての ESXi ホストの各 CPU の物理 CPU コアの合計数に基づきます。

CPU あたり最小で 16 コアのキャパシティを購入する必要があります。

サブスクリプション容量 = CPU あたりの必要なコア数 x ESXi ホストあたりの CPU 数 x ESXi ホスト数

以下の表に、必要なサブスクリプション容量の決定方法を示します。
表 1. サブスクリプション容量
ESXi ホスト ESXi ホストあたりの CPU 数 CPU あたりのコア数 必要なサブスクリプション容量 計算
2 2 8 64 各 CPU のコア数は 8 ですが、最小サブスクリプション容量が CPU あたり 16 コアで、CPU が 2 台の ESXi ホストに 2 個ずつあるため、64 コアを購入する必要があります。
1 4 16 64 サブスクリプション容量は、コアの数 x CPU の数 x ESXi ホストの台数の合計です。

購入したコアの数を超えたすべての追加の使用量は、購入の時点でサインアップした超過価格に基づいて請求されます。

既存のデプロイを vSphere+vSAN+ にサブスクライブする際に必要なコア ライセンスの数の決定のために、VMware ではスクリプトが提供されています。スクリプトの使用の詳細については、https://kb.vmware.com/s/article/89116を参照してください。

オプションの購入

サブスクリプションは複数の購入先から購入できます。異なる購入元から購入すると、購入されたリソースに関連付けられた登録販売者が異なることになります。登録販売者が、購入されたリソースに対する請求に責任を負います。支払いタイプ、利用規約、カタログ、地域、通貨などの属性は登録販売者によって決定されます。複数のオプションにより、組織にとって最適な販売者属性を選択できます。

サブスクリプションを購入する準備ができたら、VMware の営業担当者または VMware パートナーに連絡して、vSphere 環境に適したサブスクリプションについてサポートを受けます。

VMware からの購入
VMware から購入する場合:
  • VMware が登録販売者です。
  • 請求は VMware が行います。

    VMware の利用規約、支払い方法、通貨、地域、割引、価格が適用されます。

  • vSphere+ インフラストラクチャのデプロイおよび管理は、VMC コンソール を介して実行します。
パートナーからの購入
パートナー経由で購入する場合:
  • パートナーが登録販売者です。
  • 請求はパートナーが行います。

    この購入モデルでは、支払い方法、利用規約、地域、通貨などはパートナーとの関係によって決定されます。価格設定と請求に関するすべての質問は、パートナーの営業チームにお問い合わせください。

  • vSphere+ インフラストラクチャのデプロイおよび管理は、VMC コンソール を介して実行します。