VMware® vSphere+ ™ は、オンプレミスのワークロードに VMware Cloud Services のメリットを提供するマルチクラウド ワークロード プラットフォームです。vSphere+ は、業界をリードする仮想化テクノロジー、エンタープライズ対応の Kubernetes 環境、および高価値のクラウド サービスを組み合わせ、既存のオンプレミス デプロイ環境を SaaS 対応のインフラストラクチャに変換します。

VMware は、vSphere+ 用にシンプルで柔軟なサブスクリプション モデルを提供します。既存の設備投資コスト (CapEx) 投資を活用することで、ワークロードをリファクタすることなく、従量課金制サブスクリプションを使用する運用費用 (OpEx) モデルに容易に移行できます。

vSphere+ は、複数のクラウド機能を活用しながら vSphere インフラストラクチャをオンプレミスで管理および運用する柔軟性を備えています。vSphere+ を使用すると、次のことを実行できます。

  • 一元化された VMware Cloud (VMC) コンソールから、異なる地域に分散された vSphere インベントリ全体を可視化します。
  • vSphere インフラストラクチャのグローバル イベント、アラート、セキュリティ体制の監視が容易になります。緊急の対応が必要な領域のトリアージを迅速に行います。
  • vSphere 環境内のすべての仮想マシンを確認し、必要なキャパシティを持つクラスタを特定し、必要に応じて仮想マシンを作成します。
  • 1 回のクリックで vCenter Server インスタンスをアップデートします。運用の労力とメンテナンス ウィンドウを低減することで、更新をより高い頻度で計画し、すべての新機能を使用して vCenter Server を最新の状態に保つことができます。
  • vSphere 環境全体で目的の状態の vCenter Server 構成を標準化し、伝達しやすくします。構成ドリフトの検出と修正が容易になります。
  • vSphere+ サブスクリプションに含まれる VMware Tanzu Standard Runtime Edition を使用して、既存の仮想インフラストラクチャをエンタープライズ対応のセルフサービス Kubernetes プラットフォームに変換します。
  • VMware Cloud Disaster Recovery サブスクリプションがある場合は、VMware Cloud コンソールから直接仮想マシンを保護し、保護ステータスを管理します。

vSphere+ がオンプレミス環境で必要とするインストールは、vCenter Cloud Gateway 仮想マシンのみです。vCenter Cloud Gateway によってオンプレミスの vCenter Server インスタンスと VMware Cloud の間の通信が確立されるため、VMC コンソール から vSphere インフラストラクチャを容易に監視および管理できます。

図 1. vSphere+ のアーキテクチャ
vSphere+ のアーキテクチャを示す図