vSphere 環境は、vSphere+ の一定のソフトウェア要件およびハードウェア要件を満たす必要があります。

ESXi ホストと vCenter Server の要件

vCenter Server 6.7.x 以降では、サブスクリプションなしで vSphere+ の特定の基本機能を使用できます。vSphere+ のすべての機能をサブスクライブして使用するには、vCenter Server を最新バージョンにアップグレードする必要があります。

vSphere+ のサポート対象となる ESXi ホストは、vCenter Server のサポートされているバージョンと互換性があるホストです。vCenter Server と互換性がある ESXi ホストの詳細については、製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

バージョン vSphere+ 機能
vCenter Server 6.7.x 以降
  • vCenter Server インスタンスを vCenter Cloud Gateway に接続します。
  • vSphere インフラストラクチャの監視

vCenter Server 7.0 Update 3g

VMC コンソール[ダウンロード] オプションを使用することで、サポート対象の最新のバージョンとパッチをダウンロードできます。ソフトウェア バイナリのダウンロードを参照してください。

  • 無償評価版の使用
  • vCenter Server をサブスクリプションに変換
  • すべての機能を使用
  • カスタマー サポートの利用

バージョン要件に加えて、次の要件を満たす必要があります。

  • vCenter Server が高可用性 (HA) モードで構成されていないことを確認します。
  • vCenter Server が拡張リンク モード (ELM) で構成されている場合は、ELM からリンク解除します。vCenter Server ノードの新しいドメインへの再ポイントを参照してください。

    vSphere+ を使用すると、vSphere インベントリ全体を一元管理化された VMC コンソール で監視できるため、ELM は必須ではありません。

  • vCenter Server が VMware Cloud Foundation で構成されていないことを確認します。

ハードウェア要件

vCenter ServervCenter Cloud Gateway がデプロイされているクラスタは、特定のハードウェア要件を満たしている必要があります。

vCenter Cloud Gateway のハードウェア要件
次のハードウェア要件は、 vCenter Cloud Gateway の単一インスタンス用です。インストールが必要なインスタンスの数は、 vSphere+ にサブスクライブする vCenter Server インスタンスの数に依存します。各 vCenter Cloud Gateway インスタンスには最大 4 台の vCenter Server インスタンスを接続できます。
表 1. ハードウェア要件
ハードウェア 最小要件
vCPU 8
メモリ 28 GB
ストレージ 190 GB
vCenter Server のアップデートのハードウェア要件
クラスタの CPU メモリとストレージは、 vCenter Server アップデートに必要な量を確保するために、デプロイされた vCenter Server のサイズの 2 倍以上にする必要があります。 vCenter Server のシステム要件を参照してください。