目的の状態構成機能を使用すると、地域や異なるドメイン間で vCenter Server 構成をシームレスにプロビジョニングおよび管理できます。自動化および一元管理されたメカニズムを提供し、すべての vCenter Server インスタンスが目的の構成に準拠するようにします。

すべての vCenter Server インスタンスが目的の状態構成に準拠している状態を確保するには、次の手順を実行する必要があります。
  1. プロファイルの作成
    最初に、いずれかの vCenter Server インスタンスから、目的の構成(別名:プロファイル)を作成する必要があります。 vCenter Server から構成を抽出するか、JSON ファイルから構成をインポートして、このプロファイルを構成テンプレートとして使用し、他の vCenter Server インスタンスを構成できます。目的の構成で複数のプロファイルを作成できます。
  2. プロファイルの割り当て
    コンプライアンスを確認する vCenter Server インスタンスにプロファイルを割り当てます。 vCenter Server には、1 つのプロファイルのみを割り当てることができます。
  3. コンプライアンスの確認
    コンプライアンス チェックを実行して、 vCenter Server 構成がプロファイル構成と一致していることを確認します。コンプライアンス チェックを手動で実行してドリフトを即座に検出することも、チェックをスケジュール設定してすべての vCenter Server インスタンスに対してコンプライアンスをグローバルに検証することもできます。

手順

  1. https://vmc.vmware.com から VMC コンソール にログインします。
  2. [目的の状態構成] をクリックします。
  3. 画面のプロンプトに従って、プロファイルの作成、vCenter Server インスタンスへのプロファイルの割り当て、コンプライアンス チェックの実行を行います。