vSphere+ は、VMC コンソール を通じて vSphere インフラストラクチャの管理とガバナンスを一元化することで、運用効率を向上させます。異なる地域やドメインに分散した vSphere インベントリ全体の統合ビューを提供することで、次の操作を実行できます。

  • vCenter Server インスタンス、ESXi ホスト、仮想マシンなど、vSphere インベントリ全体を表示します。
  • vSphere インベントリのすべてのイベントおよびアラートの概要を迅速に把握します。
  • セキュリティ体制全体の分析と、緊急に注意が必要な問題の優先順位を決定します。
vSphere インベントリを監視するには、次の手順を実行します。
  1. vCenter Server インスタンスを VMware Cloud に接続します。
  2. https://vmc.vmware.com から VMC コンソール にログインします。
  3. 左側のナビゲーション パネルで、関連するオプションを選択します。
    オプション 操作
    [インベントリ]
    • VMware Cloud に接続されているすべてのオンプレミス vCenter Server インスタンスを表示します。

      vCenter Server について、キャパシティ使用量、クラスタ数、仮想マシン、コア、ホストなどの詳細を表示できます。vCenter ServervSAN を管理している場合は、クラスタ、ホスト、コアの数などの vSAN の詳細を表示することもできます。

      VMware Cloud DR を組織に追加すると、vCenter Server 内の仮想マシンの保護ステータスの表示、有効化、管理が可能になります。

      [アラート] 列は、vCenter Server の接続ステータスを示します。緑色のチェックマークは、vCenter Server がクラウドに正常に接続されていることを示します。赤い警告は接続の問題を示します。

    • 特定の vCenter Server に対して追加の操作を実行するには、vSphere Client を開きます。
    [インフラストラクチャ操作] > [イベント]
    • 上位 10 件のイベントと、過去 24 時間に最大数のイベントが発生した上位 10 件の vCenter Server を表示します。
    • 過去 24 時間のイベント タイプの傾向を分析します。
    • 表内のイベントをクリックすると、考えられる原因や関連イベントなどの詳細情報が表示されます。
    [インフラストラクチャ操作] > [セキュリティ]
    • 上位 5 つのセキュリティ問題を表示します。
    • セキュリティの問題をカテゴリ別に表示します。
    • 対応する [>>] アイコンをクリックして、影響を受ける vCenter Server インスタンスとホスト、およびトラブルシューティング情報を表示します。
    • いずれかのホストを選択して vSphere Client を開始し、問題の修正に必要なアクションを実行します。
    [仮想マシン][] > [概要]
    • クラウドに接続された vCenter Server インスタンスの仮想マシンを表示します。

    • 各仮想マシンについて、警告とエラーを含むアラートの合計数を表示します。
    • 対応する [>>] アイコンをクリックして、各仮想マシンのタグやスナップショットなどの詳細を表示します。
    [仮想マシン][] > [保護]
    • クラウドに接続されている vCenter Server インスタンスの仮想マシンの保護ステータスと保護グループを表示します。