VMware vSphere Update Manager 6.5 リリース ノート

06/05/2017 11:01:15
|

Windows OS 用の VMware vSphere Update Manager 6.5 |2016 年 11 15 日 |ビルド 4540462

VMware vSphere Update Manager 6.5 のサービスでは、vCenter Server Appliance 6.5 |2016 年 11 15 日 |ビルド 4602587

最終更新日。20 日 2017

確認の追加や更新リリース ノートにします。

リリース ノートの概要

これらのリリース ノートには、次のトピックは含まれています。

Update Manager リリース ノートでは、VMware vSphere Update Manager を VMware vCenter Server のオプションのモジュールの情報を入力します。VMware vSphere Update Manager に関する詳細については、 Installing and Administering VMware vSphere Update Managerのドキュメントを参照してください。


新機能します。

  • Manager の 64 ビット アプリケーションのサポートを更新します。Update Manager サーバ 6.5 および UMDS 6.5 は、サポート対象の 64 ビット アプリケーションではようになりました。
  • VCenter Server Appliance でサービスとしての update Manager: Update Manager サーバは、vCenter Server Appliance では完全に統合しの vCenter Server Appliance のデプロイではデフォルトで有効にします。
  • Linux の場合、UMDS のインストールのサポート: UMDS は、64 ビット Linux ベースのオペレーティング システムにインストールできます。VCenter Server Appliance 6.5 の ISO ファイルとともに UMDS 6.5 インストーラが配信されます。
  • Linux の場合の Update Manager Utility のインストールのサポート: 64 ビット Linux ベースのオペレーティング システムで Update Manager Utility をインストールすることができます。
  • VCenter Server Appliance 6.5 への Windows での Update Manager の移行のサポート: VMware では、Windows オペレーティング システムから vCenter Server Appliance 6.5 への Update Manager の移行のサポート対象の方法を提供します。
  • Update Manager] タブでは、vSphere ユーザー インターフェイス内の位置を変更します。Update Manager] タブは、最上位レベルのタブで [監視] タブ、[設定] タブ、データ センター タブ、& のホスト クラスタ] タブなどと同じようになりました。

 

製品サポートに関する注意事項

  • Update manager 仮想アプライアンスのアップグレード: 仮想アプライアンスのアップグレードとパッチ処理は、今後のリリースで廃止されます。

 

インストールに関する注意事項

このセクションには、Update Manager および Update Manager Download Service、vSphere Update Manager のオプションのモジュールのインストールに関する情報が含まれています。

 

Update Manager

Update Manager モジュールは、サーバ コンポーネントとクライアント コンポーネントで構成されます。

 

Windows オペレーティング システムで update Manager のインストール

Windows の Update Manager サーバ 6.5 は、64 ビット アプリケーションとして提供され、64 ビットの Windows オペレーティング システムにのみインストールできます。Update Manager をインストールする前に、vCenter Server をインストールする必要があります。Update Manager サーバーには、vCenter Server と同様に、ホスト OS の同様の要件があります。データベースの互換性については、 Update Manager サーバのインストールをサポートするデータベースを参照してください。

Update Manager サーバは、vCenter Server と同じシステム上か、別のシステムにインストールできます。VSphere Update Manager の各インスタンスは、単一の vCenter Server インスタンスに関連付けることができます。

インストール時に、vCenter Server Appliance への Windows で実行されている Update Manager サーバを接続できません。

VMware vSphere Update Manager のインストールには、既存の vCenter Server システムとのネットワーク接続が必要です。

ハードウェア要件

Update Manager の最小ハードウェア要件は、Windows オペレーティング システムで Update Manager のデプロイ方法によって異なります。

データベースが Update Manager と同じマシンにインストールされている場合は、メモリ サイズとプロセッサ速度の要件は高くなります。許容可能なパフォーマンスを確保するための最小要件は次のとおりです。

  • プロセッサ: Intel または AMD の x86 それぞれ 2 GHz の速度が 2 つ以上の論理コアのプロセッサ。

  • ネットワーク: 10/100 Mbps
    最適なパフォーマンスを Update Manager と ESXi ホストの間にギガビット接続を使用します。
  • メモリ:
    • 2 GB RAM (Update Manager と vCenter Server が異なるマシン上にある場合)
    • 8 GB RAM (Update Manager と vCenter Server が同じマシン場合)

 

VCenter Server Appliance で update Manager の統合

Update Manager 6.5 し、統合されて vCenter Server Appliance は、オプション サービスとして提供されます。VSphere 6.5 からは、vCenter Server Appliance での Windows Server マシンにインストールされている Update Manager インスタンスを不要になった接続できます。

Update Manager サーバを vCenter Server Appliance を使用するのには、VMware vSphere Update Manager Extension サービスを起動します。

VCenter Server Appliance で Update Manager のデプロイ モデルは、PostgreSQL データベースを使用します。Update Manager と vCenter Server Appliance は、同じの PostgreSQL データベース サーバの共有が個別の PostgreSQL データベース インスタンスを使用します。

 

Update Manager Web Client

Update Manager のクライアント コンポーネントは、vSphere Web Client へのプラグインです。Update Manager client のコンポーネントは、vSphere インベントリのパッチおよびバージョン管理に必要な機能のフル セットを提供します。

Update Manager を vSphere Web Client のプラグインには、インストールは不要です。Windows オペレーティング システム、または vCenter Server Appliance で、Update Manager サービスを起動した後に Update Manager サーバ コンポーネントをインストールした後、vSphere Web Client では、Update Manager client のコンポーネントが自動的に有効にします。 ホーム画面で、Update Manager アイコンが表示されます。 され、vSphere Web Client での最上位レベルのタブで、Update Manager が表示されます。

VSphere Web Client のホーム画面から Update Manager の管理ビューにアクセスできます。
Update Manager のコンプライアンス ビューは、vSphere インベントリからオブジェクトを選択して、Update Manager] タブに移動してアクセスできます。

 

Update Manager Download Service

vSphere Update Manager Download Service (UMDS) は、システムは、Update Manager サーバから別のパッチ定義のダウンロードに使用できる Update Manager のオプションのモジュールです。Update Manager 導入システムが安全であり、Update Manager サーバがインストールされているマシンにインターネットへのアクセスがない場合に、UMDS を使用します。

UMDS のインストール用の 2 つのオプションがあります。64 ビットの Windows オペレーティング システムに UMDS をインストールすることができます。Update Manager サーバがインストールされている同じ Windows マシンに UMDS をインストールする必要があります。
Linux ベースのシステムに UMDS をインストールすることもできます。VSphere 6.5 のリリースで、vCenter Server Appliance 6.5 の ISO ファイルとともに UMDS 6.5 インストーラが提供されます。Linux に UMDS をインストールする前提条件として、Linux サーバに事前に構成、PostgreSQL データベースと 64 ビットの DSN を作成する必要があります。Linux マシンに vCenter Server Appliance 6.5 の ISO ファイルをマウントして、インストールおよび UMDS 6.5 を構成します。

UMDS を使用するのには、ダウンロード サービスは、Update Manager サーバとの互換性のあるバージョンのする必要があります。Update Manager および UMDS の互換性に関する詳細については、 Installing and Administering VMware vSphere Update Managerのドキュメントを参照してください。

Update Manager 6.5 インスタンスのみの環境で、UMDS 6.5 をインストールします。

UMDS 6.5 のインストール ウィザードでは、既存のダウンロード ディレクトリを UMDS 6.0 または UMDS 5.5 以前のインストール後、ダウンロードした適用可能なアップデートを UMDS 6.5 で再利用のパッチ ストアを選択します。パッチ ストアを再利用する前に、既存の UMDS 6.0 または UMDS 5.5 インスタンスをアンインストールする必要があります。UMDS 6.5 と既存のダウンロード ディレクトリを関連付けた後は、以前のバージョンの UMDS で使用することはできません。
UMDS をインストールして既存のダウンロード ディレクトリに関連付ける場合は、アップデートをエクスポートする前に、UMDS 6.0 を使用して、少なくとも 1 つのダウンロードを実行することを確認します。

Update Manager 6.5 と Update Manager 6.0 インスタンスの両方で環境では、UMDS 6.5 をインストールします。

お使いの環境には、Update Manager 6.5 と Update Manager 6.0 の両方のインスタンスが含まれている場合は、既存の UMDS 6.0 ダウンロード ディレクトリを UMDS 6.5 をインストールしないでください。このような場合は、必要があります、UMDS 6.5.x および 2 つの個別のマシンへの UMDS 6.0 のインストールの各それぞれの Update Manager のバージョンのアップデートをエクスポートすることができるようにします。

 

Update Manager ユーティリティ

Update Manager Utility を使用すると、データベース パスワードやプロキシ認証情報の変更、vCenter Server と Update Manager を再登録、および Update Manager の SSL 証明書を置換できます。ユーティリティを使用して、Update Manager の設定の再構成に関する詳細については、再構成の VMware vSphere Update Managerのドキュメントを参照してください。

Update Manager または UMDS をインストールすると vSphere Update Manager Utility は、システムに追加コンポーネントとしてサイレント インストールはされます。


アップグレードに関する注意事項

今回のリリースの Update Manager バージョン 5.5 および 6.0 からのアップグレードが可能し、それらの各アップデート リリース 64 ビットの Windows オペレーティング システムにインストールされています。Update Manager をアップグレードする前に、vCenter Server および vSphere Web Client を互換性のあるバージョンにアップグレードする必要があります。
Update Manager から直接アップグレード バージョン 5.5 の場合、または 32 ビット プラットフォームにインストールされている Update Manager システムより前のバージョンがサポートされていません。Update Manager 5.0 インストール メディアを使用提供されているデータ移行ツールを使用して、Update Manager システムを 32 ビット オペレーティング システムから 64 ビットの Windows オペレーティング システムで Update Manager 5.0 へ移動する必要があります。その後バージョン 6.5 にアップグレードする前にバージョン 5.5 にバージョン 5.0 または 5.1 からアップグレードを実行します。方法の詳細については、データ移行ツールを使用して、Update Manager 5.0 のInstalling and Administering VMware vSphere Update Managerのドキュメントを参照してください。

UMDS へのアップグレード、5.x または UMDS 6.5 への UMDS 6.0 がサポートされていません。


移行に関する注意事項

VMware では、vCenter Server Appliance 6.5 で実行する Windows オペレーティング システムからの移行中の Update Manager のサポート対象の方法を提供します。

Update Manager は、次の vCenter Server のデプロイ モデルでの vCenter Server Appliance に移行できます。

  • vCenter Server と Update Manager は、同じ Windows マシン上で実行します。
  • vCenter Server と Update Manager は、異なる Windows マシンで実行します。
  • Update Manager は Windows マシン上で実行して、vCenter Server Appliance に接続されて

方法の詳細については、 Installing and Administering VMware vSphere Update Manager、vSphere のアップグレード』 ドキュメントを参照してください。 移行を実行します。


相互運用性とソフトウェア要件

VMware 製品の相互運用性マトリックスは、他の VMware vSphere コンポーネントを含む ESXi では、VMware vCenter Server に、vSphere Update Manager および vSphere Web Client の現在および過去のバージョンの互換性についての詳細を提供します。また、このサイトの ESXi または vCenter Server をインストールする前に、サポート対象の管理エージェントおよびバックアップ エージェントについての情報を確認します。

Update Manager サーバおよび UMDS のインストールをサポートするオペレーティング システム

Update Manager サーバおよび UMDS をインストールするにオペレーティング システムのリストについては、 VMware vCenter Server のインストールでサポートされているホスト オペレーティング システムを参照してください。この記事に記載されている vCenter Server のインストールでサポートされているホスト オペレーティング システムでは、Update Manager サーバおよび UMDS の各バージョンのインストールも適用されます。

Update Manager サーバおよび UMDS のインストールをサポートするデータベース

VMware 製品の相互運用性マトリクスからソリューション/データベースの相互運用性オプションは、Update Manager サーバおよび UMDS と互換性があるデータベースに関する情報を提供します。

VSphere Update Manager をサポートするインベントリ オブジェクトと操作

  • ホストの次のホスト バージョンのパッチします。
    • ESXi 5.5
    • ESXi 6.0
    • ESXi 6.5
  • ESXi 5.5、ESXi 6.0、およびそれぞれのアップデート リリースから ESXi 6.5 へのホストのアップグレード
  • VMware Tools と仮想マシンの仮想ハードウェアのアップグレード
  • 仮想アプライアンスのアップグレード

 

VMware Tools および仮想ハードウェアのアップグレードでサポートされるオペレーティング システム

注: Open VM Tools または Operating System Specific Package を使用して Linux ゲスト オペレーティング システムは、Yum や Apt などのディストリビューション固有のパッケージ管理ツールを使用して管理されます。Update Manager は、このような Linux 仮想マシンの仮想マシン ツールまたは仮想ハードウェアのバージョンのアップグレードをサポートしていません。

VMware Tools のアップグレードおよび仮想ハードウェアでサポートされるオペレーティング システムのリストを次に示します。

  • Windows Server 2016 Datacenter Edition 64 ビット
  • Windows Server 10 Enterprise Edition 32 ビット
  • Windows 8.1 Update 3 Enterprise Edition 32 ビット
  • Windows Server 2012 R2 Update 3 Datacenter Edition 64 ビット
  • Windows Server 2012 Datacenter Edition 64 ビット
  • Windows 7 SP1 Enterprise Edition 64 ビット
  • Windows Server 2008 R2 SP1 Datacenter Edition 64 ビット
  • Windows 10 の RTM
  • Windows 8.1 Update 1 [Professional/enterprise] 32 ビット
  • Windows 8.1 Update 1 [Professional/enterprise] 64 ビット
  • Windows 8.1 [Professional/enterprise] 32 ビット
  • Windows 8.1 [Professional/enterprise] 64 ビット
  • Windows 8 [Professional/enterprise] 32 ビット
  • Windows 8 [Professional/enterprise] 64 ビット
  • Windows Server 2012 R2 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 64 ビット
  • Windows Server 2012 R2 Update 1 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 64 ビット
  • Windows Server 2012 [Standard/datacenter] 64 ビット
  • Windows 7 [Professional/enterprise] 32 ビット
  • Windows 7 [Professional/enterprise] 64 ビット
  • Windows 7 [Professional/enterprise] 32 ビット SP1
  • Windows 7 [Professional/enterprise] 64 ビット SP1
  • Windows Server 2008 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 32 ビット
  • Windows Server 2008 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 64 ビット
  • Windows Server 2008 SP2 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 32 ビット
  • Windows Server 2008 SP2 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 64 ビット
  • Windows Server 2008 R2 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 64 ビット
  • Windows Server 2008 R2 SP1 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 64 ビット
  • Windows XP Professional 32 ビット (SP3 が必要)
  • Windows XP Professional 64 ビット (SP2 が必要)
  • Windows Server 2003 R2 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 32 ビット (SP2 が必要)
  • Windows Server 2003 R2 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 64 ビット (SP2 が必要)
  • Windows Vista [Business/enterprise] 32 ビット (SP2 が必要)
  • Windows Vista [Business/enterprise] 64 ビット (SP2 が必要)
  • Windows Server 2003 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 32 ビット (SP2 が必要)
  • Windows Server 2003 [エンタープライズ/Standard/datacenter] 64 ビット (SP2 が必要)
  • Windows 2000 [Server データ センターの Professional/Server/Advanced Server] 32 ビット
  • Windows 2000 [Server データ センターの Professional/Server/Advanced Server] 64 ビット
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0
  • Red Hat Enterprise Linux 6.8
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5
  • Red Hat Enterprise Linux 5.10
  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 4
  • Red Hat Enterprise Linux 3
  • Red Hat Enterprise Linux 2
  • CentOS 6.5
  • CentOS 6
  • CentOS 5.10
  • CentOS 5
  • CentOS 4
  • Debian 8.1
  • Debian 8
  • Debian 6
  • Debian 5
  • Debian 4
  • Ubuntu 非 LTS 15.04
  • Ubuntu 14.04
  • Ubuntu 13.10
  • Ubuntu 11.x
  • Ubuntu 10.x
  • Ubuntu 9.x
  • Ubuntu 8.x
  • Ubuntu 7.x
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1
  • SUSE Linux Enterprise Server 12
  • SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4
  • SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3
  • SUSE Linux Enterprise Server 9
  • SUSE Linux Enterprise Server 8
  • Oracle Enterprise Linux 7.0
  • Oracle Enterprise Linux 6.7
  • Oracle Enterprise Linux 6.5
  • Oracle Enterprise Linux 6
  • Oracle Enterprise Linux 5.1
  • Oracle Enterprise Linux 5
  • Oracle Enterprise Linux 4
  • Oracle Enterprise Linux UEK3 Update 5
  • Asianux 4
  • Asianux 3

既知の問題

Update Manager の今回のリリースの既知の問題は、次のように分類されます。


インストール、アップグレード、および移行

  • 新規Linux をインストールする UMDS は、Update Manager Utility がありません。
    Linux システムに UMDS をインストールすると、Update Manager Utility がインストールされていないシステムにします。
    回避策: この問題を回避するには、次のタスクのいずれかを実行することができます。

    • Linux システムでは、次のコマンドを入力して、データベースをリセットします。
      cd <UMDS_INSTALLATION_DIRECTORY> /bin//vmware vciInstallUtils-d <DSN> -u <DB_USERNAME> -p <DB_PASSWORD> -I <UMDS_INSTALLATION_DIRECTORY> /bin-l <LOG_DIRECTORY> -c <UMDS_INSTALLATION_DIRECTORY> /bin-t PostgreSQL-o dbcreate。
    • Linux システムでは、プロキシのホストとポートを更新します。
      1. 次のコマンドを入力してプロキシ ホストとポートを更新します。
        <UMDS_INSTALLATION_DIRECTORY>/bin/vmware-umds-s-p <HOST> :<PORT>
      2. 次のコマンドを入力してプロキシのユーザー名とパスワードを更新します。
        cd <UMDS_INSTALLATION_DIRECTORY> /bin
        vi/&gt;downloadconfig.xml&lt;ph
      3. downloadConfig.xmlファイルに、パラメータの型のオブジェクトで/ユーザー名と型のオブジェクトで/パスワードを更新します。
  • Update Manager データベースの DSN に拡張 ASCII 文字が含まれている場合、update Manager の移行が失敗します。
    Update Manager からへ移行する Windows vCenter Server Appliance 6.5 では、Update Manager データベースの DSN に拡張 ASCII 文字が含まれている場合、移行が失敗します。
    回避策: ASCII 文字を含まないように DSN の名前を変更します。

  • にもかかわらず、vCenter Server Appliance がインターネットに接続されていない、vSphere Web Client に Update Manager のパッチのダウンロードに失敗したというエラー メッセージが表示されます。
    VCenter Server Appliance をデプロイした後、Update Manager サービスが自動的に起動し、事前定義されたパッチ デポから、パッチをダウンロードしようとするとします。Vcenter Server Appliance の場合は、Update Manager サービスのオプションは、サービスの開始時のパッチのダウンロードし、vCenter Server Appliance のデプロイ後にデフォルトで有効にします。デプロイ後に、vCenter Server Appliance が、インターネットへの接続を vSphere Web Client にログインしたときに Update Manager のパッチのダウンロードに失敗したというエラー メッセージが表示されます。次のエラー メッセージは、日単位で、タスクを実行するため、常に繰り返されます。
    回避策: ご使用の vCenter Server Appliance が、インターネットへの接続を Update Manager が vCenter Server Appliance の最初の起動でパッチのダウンロードに失敗した後、Update Manager サービスの開始時のパッチをダウンロードするオプションを無効にします。Update Manager は、Update Manager サービスの開始時のパッチのダウンロードが試行を停止します。

    Update Manager サービスの開始時に、パッチのダウンロードを無効にするのには、次の手順を実行します。

    1. VSphere Web Client の [ホーム>管理します。
    2. 展開を選択 >システム構成、およびサービスを選択します。
    3. リストからサービスと、 VMware vSphere Update Managerを選択し、[管理] タブをクリックします。
    4. 編集] をクリックしサービスの開始時のパッチのダウンロードテキスト ボックスに、 Falseの値としてと入力OK] をクリックします。
    5. VMware vSphere Update Managerサービスを再起動します。
  • Windows Server 2008 R2 で update Manager のインストールが失敗します。
    Windows server 2008 R2 にデータベースがバンドルされた Update Manager をインストールすると失敗します。
    回避策: 次のオペレーティング システムで Update Manager をインストールします。

    • Windows Server 2008 R2 SP1 Datacenter 64 ビット
    • Windows Server 2008 R2 SP1 Enterprise 64 ビット
    • Windows Server 2008 R2 SP1 Standard 64 ビット
    • Windows Server 2008 R2 SP1 Foundation 64 ビット
    • Windows Server 2008 R2 SP1 Web 64 ビット
    • Windows Server 2008 SP2 Datacenter 64 ビット
    • Windows Server 2008 SP2 Enterprise 64 ビット
    • Windows Server 2008 SP2 Standard 64 ビット
    • Windows Server 2008 SP2 Foundation 64 ビット
    • Windows Server 2008 SP2 Web 64 ビット
  • 組み込み Microsoft SQL 2012 データベースと Update Manager をインストールするシステムに Microsoft .NET Framework 4 が失敗します。
    組み込み Microsoft SQL 2012 データベースで Update Manager をインストールしようとするとは、ホスト マシンに Microsoft .NET Framework 4 が使用している場合に失敗します。次のエラー メッセージが表示されます。

    SQL インストールに失敗しました

    回避策: この問題を回避する、次の手順を実行します。

    1. Update Manager をインストールしようとすると、マシンでは、シャットダウンし、Microsoft .NET Framework 4 の使用を要求するすべてのサービスを無効にします。
    2. すべての Microsoft .NET Framework 4 コンポーネントをアンインストールします。
    3. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727 に変更
    4. 構成フォルダに security.config と security.config.cch ファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。
      Caspol.exe のすべてのリセット
    5. パスを C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727 に変更します。
    6. 構成フォルダに security.config と security.config.cch ファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。
      Caspol.exe のすべてのリセット
    7. ダウンロードして、すべての Microsoft .NET Framework 4 コンポーネントを再インストールします。
    8. インストールの完了後は、Microsoft .NET Framework 4 の使用を要求するすべてのサービスを有効にします。
    9. オペレーティング システムを再起動し、Update Manager のインストールと組み込みの Microsoft SQL 2012 データベースを再度します。
  • Update Manager Client が Update Manager サーバのインストール中に ASCII 以外の文字で DSN を構成する場合、英語以外のロケールの Windows システム上で起動に失敗します。
    インストールすると、Update Manager サーバに英語以外のロケールの Windows システムで既存のサポートされているデータベースを使用し、DSN 名に ASCII 以外の文字を使用するオプションを選択すると、インストールが正常に完了します。その後、Update Manager Client をインストールします。Update Manager Client を起動しようとすると、クライアントが起動に失敗し、次のエラーが表示されます。

    VMware vSphere Update Manager への接続エラーが発生しました。データベースを一時的に使用できないか、ネットワークに問題があります。

    ASCII 以外の文字で DSN を構成すると、Update Manager Client の起動に失敗します。
    回避策: Update Manager サーバのインストール中に ASCII 以外の文字を使用しないでください。

  • Update Manager インストーラがシステムに Microsoft SQL 2008 R2 SP2 データベースがすでにあるかどうかに応答を停止
    場合に、Update Manager をインストールしているシステムにサーバまたは UMDS が存在する Microsoft SQL 2008 R2 SP2 データベースのインスタンスがありません VIM_SQLEXP インスタンス、バンドルされていると、インストーラ データベースをインストールするオプションを選択すると、Update Manager サーバまたは UMDS をインストールしようとすると、インストーラが応答を停止します。
    回避策: この問題を回避するには、次の手順を実行します。

    1. マシン上では、Update Manager サーバまたは UMDS をインストールする、コマンド ライン インターフェイスを開き、次のコマンドを入力します。
      .\redist\SQLEXPR\SQLEXPR_x64_ENU.exe/ACTION = インストール/IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS/SQLSVCACCOUNT"NT authority \system"HIDECONSOLE/FEATURES = = SQL/SQLSYSADMINACCOUNTS"builtin \administrators"/NPENABLED = =「1」/TCPENABLED =「1」/INSTANCENAME VIM_SQLEXP =
    2. Update Manager サーバまたは UMDS を再インストールしようとしてください。
  • Update Manager をアンインストールした後、update Manager Web Client は、vSphere Web Client にもあります。
    Update Manager をアンインストールすると、Update Manager] タブは、vSphere Web Client の [監視] タブの下のままし、スキャン] および [添付] ボタンがアクティブのままです。VSphere Web Client で Update Manager サーバをアンインストールした後に Update Manager」タブを選択すると、次のエラー メッセージが表示されます。VMware vSphere Update Manager への接続エラーが発生しました。
    回避策: ログアウトし、vSphere Web Client にログインします。

  • トルコ語言語パックを適用した Windows オペレーティング システムにバンドルされているデータベースを使用して Update Manager サーバおよび UMDS のインストール試行が失敗します。
    トルコ語言語パックを適用した Windows オペレーティング システムでは、バンドルされているデータベースに次のエラーで失敗を Update Manager サーバおよび UMDS をインストールましょう。
    エラー 25003。データベース テーブルの作成に失敗しました。
    回避策: 問題を回避するには、次のタスクを実行します。

    • 英語の言語パックを適用した Windows オペレーティング システムに Update Manager サーバおよび UMDS をインストールします。
    • トルコ語言語パックを適用した Windows オペレーティング システムに Update Manager サーバおよび UMDS をインストールし、次のデータベースのいずれかを使用します。
      • Microsoft SQL Server 2012 64 ビット
      • Microsoft SQL Server 2008 R2 64 ビット
      • Oracle 11 g R2 64 ビット
  • ダウンロード タスク中にアップグレードすると、Update Manager プラグインは使用できなくなります。
    Update Manager 接続を失った場合に vCenter Server のダウンロード タスクの実行中に、Update Manager プラグインを再度有効にできません。この問題は、Update Manager のアップグレード後に発生する可能性があります。
    回避策: ダウンロード タスクが完了するまで待機し、Update Manager プラグインを有効にします。

  • 上の空き領域 Update Manager をブート ドライブに 600 mb 以上が必要になる Update Manager をインストールするには
    Update Manager は、ブート ドライブにインストールする必要はありませんが、ブート ドライブに一部の必須コンポーネントをインストールする必要があります。600 MB の Update Manager の容量が、インストール時にこれら必須のコンポーネントと、インストール時に使用される一時ファイルを対応するために必要です。
    回避策: Update Manager をインストールする前に、600 MB 以上に起動ドライブ上の空き領域を確認します。

 

スキャン、ステージング、および修正

  • Virtual SAN データ ストアに仮想マシンの Cpu の合計数が 384 を超えている場合、Virtual SAN クラスタの修正が失敗します。
    ホストをメンテナンス モードに切り替える必要があるパッチから 384 または多くのアクティブな Cpu が搭載された Virtual SAN データ ストア内の仮想マシンとともに Virtual SAN クラスタの修正に失敗します。
    回避策: 次の回避策のいずれかを実行します。

    • パワーオフ; 384 の下のアクティブな仮想マシン Cpu の数を保持する Virtual SAN データ ストアの一部になっている仮想マシン。
    • ホストのメンテナンス モード状態にできないのために Virtual SAN クラスタの修正が失敗した後は、修正に失敗した Virtual SAN クラスタからホスト上での修正の実行を試みます。
  • パッチのステージングあるいは修正中に誤った警告メッセージが表示されます。
    パッチのステージング用または修正、処理中に Update Manager でする可能性がある間違った警告が一部のパッチが使用できないこと。表示される警告メッセージは次のとおりです。
    修正の選択したパッチの一部は使用できません。Do you want to continue?します。
    回避策: メッセージを無視し、 「はい」をステージング続行] をクリックします。最初に選択したすべてのパッチがステージングされます。

  • スキャンまたは HA クラスタに属する ESXi 5.x ホストを修正すると、update Manager が「互換性なしコンプライアンス状態を報告
    HA クラスタに属する ESXi 5.x ホストのアップグレード スキャンを実行すると、Update Manager は、ホストが「互換性なしのコンプライアンス ステータスが報告し修正するホストを許可しないことがあります。互換性なしのコンプライアンス状態は、により、ESXi 5.x ホストに、FDM (HA) エージェントがインストールされています。VSphere 5.0 以降、FDM エージェントがインストールされて ESXi ホストでに VIB としてします。VIB をインストールまたは ESXi ホストで更新すると、ホストの起動バンクが更新されたことを示すフラグが設定します。Update Manager は、アップグレードのスキャンまたは修正を実行しながらこのフラグを確認しし、このフラグをホストをアップグレードする前に消去するように要求します。ホストを再起動、フラグを消去することができます。
    HA クラスタに属する ESXi 5.x ホストのアップグレード スキャンを実行すると、Update Manager は、ホストが「互換性なしのコンプライアンス ステータスが報告し修正するホストを許可しないことがあります。互換性なしのコンプライアンス状態は、により、ESXi 5.x ホストに、FDM (HA) エージェントがインストールされています。VSphere 5.0 以降、FDM エージェントがインストールされて ESXi ホストでに VIB としてします。VIB をインストールまたは ESXi ホストで更新すると、ホストの起動バンクが更新されたことを示すフラグが設定します。Update Manager は、アップグレードのスキャンまたは修正を実行しながらこのフラグを確認しし、このフラグをホストをアップグレードする前に消去するように要求します。ホストを再起動、フラグを消去することができます。
    回避策: 互換性がないと、コンプライアンス ステータスを報告しているホストを再起動します。アップグレードのスキャンを実行するか、修正を再度、ホストがオンラインに戻ったら。

  • ホストが含まれている場合、ホストの修正が完了しないフォールト トレランス対応の仮想マシンのパワーオン
    ホスト上で FT を無効になっていると、プライマリ仮想マシンが存在し、修正ウィザードのホストの修正オプション ページでタスクの失敗または再試行を選択する場合、ホストの修正が完了しないことがあります。このような場合、FT は、パワーオフ状態または DRS クラスタに移行できませんに無効になっている、プライマリ仮想マシンをパワーオンします。ホストがメンテナンスに切り替えることが いるにもモードが、その仮想マシンをパワーオンし、修正が完了することはできません。
    回避策: プライマリ仮想マシンまたはセカンダリ仮想マシンを含むホストを修正する場合は、次の回避策のいずれかを使用できます。

    • 修正ウィザードのホストの修正オプション ページで仮想マシンをパワーオフして再試行、または仮想マシンをサスペンドし [再試行]を選択します。
    • 修正を開始する前に手動でフォールト トレランス機能を持つ仮想マシンを別のホストに移行します。
    • DRS クラスタで EVC が有効な場合フォールト トレランスが無効になっている仮想マシンに自動的に移行できますホストがメンテナンス モードにしようとしたとき。これは、特定のホストで DRS が無効になっていない場合にのみ可能です。
  • 修正の選択] ページは、選択したベースラインのパッチの数が誤って表示場合があります。
    [コンプライアンス ビューであらかじめ選択されたパッチまたはエクス テンション ベースラインに対して vSphere インベントリ オブジェクトを修正する場合、修正ウィザードの最初のページは修正する必要があるパッチの数が誤ってを表示することがあります。この場合は、インベントリ オブジェクトが、複数の添付されたパッチおよびエクス テンション ベースライン、パッチの数に対応準拠しているパッチの数および選択されたベースラインからのみでなく、すべての添付されたベースラインからします。
    回避策: 次のページに移動し、再度選択] ページに戻るには、[次のベースラインまたはグループで、修正の選択] ページで、最初の選択を変更するか。

  • ホストに十分な空き領域がない場合にホストのアップグレード スキャンおよび修正が失敗します。
    ホストのアップグレード スキャンおよび修正が失敗し、 AgentInstallFailed エラー メッセージです。ESXi ホストに十分な空き容量から次のエラーがあります。
    回避策: ESXi ホストをアップグレードするに少なくとも 20 MB 空き容量があることを確認します、 /tmp ホストのディレクトリ。

  • ホストの修正が、ホスト上のパッチに解決できない競合のための一部のパッチで失敗します。
    パッチ (たとえば、パッチ A)、ベースライン入力と競合、ホストですると、ホストのパッチの修正が失敗して、ベースライン入力にほかのパッチによって競合を解決することはできません。
    回避策: パッチ A の [パッチの詳細] ウィンドウには、ほかのパッチを使用して、競合を解決するための推奨が表示されます。推奨事項に多くのパッチが含まれている可能性があります。1 つ以上の推奨されたパッチをベースラインに組み込む競合を解決する可能性があります。詳細については、パッチ A および推奨されたパッチに関連するナレッジ ベースの記事を参照してください。

 

国際化の問題

  • その単語 Partner はローカライズされていません
    移動すると Home > Update Manager > Manage > ESXI Images > Import ESXi Image 、単語 Partner ] ダイアログがローカライズされていないで Update Manager の ESXi イメージのインポート

  • VMware vSphere Update Manager.msi をダブルクリックするとき、ヒントのメッセージはローカライズされていません
    いずれかからローカルのフォルダに Update Manager のインストールに必要なすべてのコンポーネントを抽出する、 .zip ファイル、または .iso 実行するイメージを VMware vSphere Update Manager.msi ダブルクリックすると、アプリケーション。アプリケーションを実行するとき、ヒントのポップアップにメッセージが表示 The installer should be started using VMware-UpdateManager.exe します。メッセージは英語で表示され、ローカライズされていません。

  • Update Manager をインストールし、名前に ASCII 以外の文字が使用されているディレクトリにパッチをダウンロードすることはできません。
    Update Manager のインストール ウィザードでは、インストールと、Update Manager のパッチのダウンロードの場所を変更できます。フォルダへインストールおよびパッチのダウンロードの場所を変更すると、名前に ASCII 以外の文字を含んでいる可能性がありますエラー。インストール パスおよびユーザー名では、ASCII 文字のみがサポートされています。ただし、パスワードとしては、ASCII 以外の文字がサポートされます。

 

Update Manager を使用

  • 新規ESXi イメージがインポート タスクの後、リストに表示されません。
    ESXi イメージを削除して、時間は、それを再度インポート後に、インポート済みのイメージは Update Manager が使用できる ESXi イメージのリストに表示されません。実際には、アップロード、イメージを Update Manager の管理ビューの [管理] タブでESXi イメージは表示されません。VSphere Web Client の [更新] ボタンを使用した後、ESXi イメージがまだリストに表示されない、インポートされた ESXi イメージ。
    回避策: この問題を回避するには、お使いのブラウザの [更新] ボタンを使用します。

  • 新規アップロード、オフライン バンドルやアップグレード ISO が失敗します。
    数日間、vCenter Server Appliance をデプロイした後に Update Manager を使用しない場合、オフライン バンドルやアップグレード ISO が失敗するをアップロードしようとするとします。
    回避策: Update Manager サービスを再起動します。

  • VSphere Web Client で Update Manager の管理ビューから、Update Manager のパッチ ストア設定を変更することはできません。
    Update Manager サーバ マシンのホスト名には、ホスト名と Update Manager のネットワーク設定では、Update Manager パッチ ストアの IP アドレス間を切り替えますしようとすると、拡張 ascii 文字または非 ASCII 文字が含まれている場合は、次のエラー メッセージで失敗します。
    エラー情報: com.vmware.vim.vmomi.core.exception.Unmarsh allException: 応答をアンマーシャルすることができません。
    回避策: Update Manager サーバ マシンのホスト名でのみ、ASCII 文字を使用します。

  • VMware VirtualCenter Server サービスが再起動後に update Manager サービスが自動的に開始しません。
    場合は、vCenter Server が予期せず、強制的に再開するには、VMware VirtualCenter Server サービス (vmware-vpxd サービス) 自動化プロセスがあります。ただし、VMware VirtualCenter Server サービスを開始すると、後に、Update Manager サービスが自動的に起動しません。
    回避策: Update Manager サービスを手動で開始します。

  • Update Manager Utility 誤って Linux で実行されるは、ヘルプは、Update Manager 証明書を更新するオプションを公開します。
    推奨される位置引数を Update Manager で使用される証明書を更新するためのオプションの表示の行での linux の場合は実行を呼び出すと、Update Manager Utility のヘルプをします。公開するのには、このオプションはサポートされていません。
    回避策: なし。このオプションを使用しないでください。

  • 1024 より小さい番号のカスタム ポートを使用するように構成する場合、Update Manager サービスが起動しません。
    VSphere Web Client から VMware vSphere Update Manager サービスに使用するポートをカスタマイズできます。カスタマイズする場合、ポートを 1024 より下にする、できない、Update Manager サービスを開始します。これは、したがってサービスが起動に失敗する Update Manager の vCenter Server Appliance で、ポート 1024 はすでによりも高いが使用されるために発生します。

    回避策: なし。Update Manager サービスのカスタム ポートを使用する場合は、1024 より大きい番号のポートを設定します。

  • Update Manager が複数の vCenter Server インスタンスを持つ vSphere 環境で 1 つのみの vCenter Server を表示します。
    複数の vCenter Server インスタンスは、いずれかが 1 つの Platform Services Controller に登録されているまたは個々 の Platform Services Controller に登録されているそれぞれは、vSphere 環境では、Update Manager は、IP/DNS を Update Manager Client の使用されていた vCenter Server インスタンスのみを表示します。
    回避策: なし。インベントリにどの IP/DNS を Update Manager Client に入力したに関係なく、両方の vCenter Server インスタンスを表示する必要があります。

  • 複数の vCenter Server インスタンスは、1 つのプラットフォーム サービス コントローラに登録されていると、vSphere 環境での Update Manager の使用に失敗することがあります。
    1 つのプラットフォーム サービス コントローラに登録されている 2 つの vCenter Server と vSphere 環境を設定し、各 vCenter Server インスタンスに登録されている Update Manager サーバを使用している場合、Update Manager インスタンスのいずれかに正常にログインできますが、2 つ目の 1 つにログインしようとすると、Update Manager Client が接続に失敗します。ログインすることはできませんが、Update Manager インスタンスの場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
    データの取得に十分な権限です。
    回避策: Vsphere Web Client は vCenter Server インスタンスを管理するには、すべての vSphere 権限を持つ新しいユーザーを作成し、そのアカウントを使用して、次のエラーを表示する Update Manager インスタンスにログインします。

  • Update Manager サーバのアップタイムの数日後に vCenter Server インスタンスに接続が切断できます。
    VCenter Server インスタンスへの接続を失うおそれがありますを数日間、Update Manager サーバを使用する場合、Update Manager Client での操作を実行している間の次のエラーが表示。
    ログインが必要に VC server への接続がありません。
    回避策: Update Manager Utility を使用して、vCenter Server インスタンスに Update Manager サーバを再接続し、Update Manager サービスを再起動します。

  • Virtual SAN クラスタの一部になっているホストを修正中にメンテナンス モードに入力が失敗すると、情報を提供しないシステム エラーが表示されます。
    修正中に、Virtual SAN クラスタの一部になっているホストがメンテナンス モードに切り替えるに失敗する場合 Virtual SAN に関する一般的なシステム エラーが表示されますが、次のよう。
    一般的なシステム エラーが発生しました。VSAN エラーのため操作が失敗しました。
    エラー メッセージでは、障害や関連エラー メッセージの原因に関する説明は含まれません。
    回避策: 障害の原因に関する説明を表示するには、次の手順を実行します。

    1. [最近のタスク] ペインで、詳細の表示をクリックします。
    2. エラー レポートの送信] をクリックして、エラー スタックでエラーの原因の詳細を参照してください。
  • Update Manager Utility はサポートしていません IPv6 アドレスのログイン
    VCenter Server マシンの IPv6 アドレスを入力して Update Manager Utility にログインしようとするとは、エラーで失敗します。
    回避策: Update Manager Utility に正常にログインするには、vCenter Server のマシン IPv4 アドレスまたはホスト名を入力します。

  • VMware Update Manager が構成されたプロキシ認証を使用していません
    認証プロキシを使用する Update Manager が構成されている場合でもパッチのダウンロード タスクを開始すると Update Manager はプロキシ サーバへの認証に匿名の認証情報を使用します。プロキシ サーバが匿名の認証情報を受け入れない場合、パッチのダウンロード タスクが失敗する可能性があります。
    回避策: ローカル管理者権限またはローカル管理者権限を持つドメイン アカウントでは、ローカル管理者アカウントを使用して実行する Update Manager サービスを変更します。

  • Update Manager を実行している仮想マシンがホストのアップグレード中にパワーオフされている可能性があります。
    DRS クラスタでの外部 Update Manager は、vCenter Server または Update Manager の仮想マシンが実行されているホストをアップグレードしません。DRS クラスタでは、vCenter Server または Update Manager 仮想マシンを実行しているホストの修正タスクを開始する場合 DRS と仮想マシンを別のホストに移行することができるように、修正は成功します。Update Manager 仮想マシンが実行されている DRS クラスタからホストを削除してから vSphere Web Client インベントリでデータ センターに追加すると、ホストと、Update Manager 仮想マシンのパワーオフを修正できます。
    回避策: 修正前に、Update Manager 仮想マシンが実行されているホストが DRS クラスタであることを確認または Update Manager 仮想マシンを別のホストに移動します。

  • クローン作成された仮想マシンのコンプライアンス情報を表示できないことがあります。
    仮想マシンのクローンを作成する、マシンの Fault Tolerance を有効にするし、クローン作成された仮想マシン パワーオン、コンプライアンス情報を表示することができません。コンプライアンス ビューで、次のエラーを開くと Failed to retrieve data が表示されます。

  • パッチのインポート ウィザードにパッチ タイプ情報がありません。
    Update Manager の新規インストールでは、最初に、オフライン パッチ バンドルをインポートすると、パッチ タイプ情報がパッチのインポート ウィザードに表示されません。インポートの確認] ページの [タイプ] 列が空です。
    回避策: パッチ タイプ情報が表示されませんが、ウィザードを完了して、パッチを正常にインポートできます。この問題は、オフライン パッチ バンドルを初めてインポート時にのみ発生します。その後のインポート操作では、ウィザードに正しく表示、パッチ タイプ情報があります。

  • 認証プロキシを使用する Update Manager が構成されている場合、定義タスクが失敗するパッチをダウンロードします。
    認証が必要なプロキシ サーバを使用する Update Manager サーバが構成されている場合、 Download patch definitions タスクは、パッチのダウンロードに失敗することがあります。
    回避策: プロキシ サーバで匿名ユーザー アクセスを有効にします。

  • Update Manager は有効なダウンロード ソースからアップデートをダウンロードすることはできません。
    存在しない HTTPS URL が正しく表示されないアクセス可能としてダウンロード ソースの追加] ウィンドウにします。たとえば、入力した場合 https://mydepot.com の代わりに http://mydepot.com URL の検証をクリックして場合でも、実際のダウンロード ソースは HTTP アドレス、検証が成功場合があります。その結果、Update Manager は、指定の HTTPS URL アドレスからアップデートをダウンロードすることはできません。
    回避策: URL を削除し、正常に追加します。

  • E メール通知設定内の無効な e メール アドレスを防ぐ Update Manager e メール メッセージを送信します。
    パッチおよび通知のダウンロード スケジュールで、新しいパッチまたは通知がダウンロードされたときに電子メールを送信する Update Manager を構成することができます。無効な e メール アドレスを入力すると Update Manager が e メールを送信しない場合があります。VCenter Server のメール送信者設定で、SMTP サーバの送信者アカウントと同じドメイン名で、無効なメール アドレスを入力すると Update Manager は (有効なものも含む) e メール アドレスのいずれかに e メールを配信できません。無効な e メール アドレスのドメイン名が vCenter Server のメール送信者設定に SMTP サーバの送信者アカウントとは異なる場合は、Update Manager e メール通知設定に入力した有効なメール アドレスに e メール通知を正常に送信できます。
    回避策: 無効な e メール アドレスを e メール通知設定から削除します。

  • Windows Vista では、Update Manager Client 内のすべてのヘルプ ボタンは、デフォルトの Update Manager ヘルプ ページを開きます。
    Windows Vista マシンにインストールされた Internet Explorer 7 ブラウザを使用している場合、vSphere Update Manager のコンテキストに応じたヘルプは、関連するヘルプ ページが表示されません。代わりに、ヘルプはデフォルトの vSphere Update Manager ヘルプ ページを表示します。
    回避策: Windows Vista に Service Pack 2 を適用します。詳細については、Microsoft のナレッジ ベースの記事http://support.microsoft.com/kb/942172を参照してください。

  • 通知 e メールがアンチ ウイルス ソフトウェアによってブロックされます。
    ご使用の vCenter Server システムにインストールされているアンチ ウイルス ソフトウェアによってがある場合は、Update Manager から e メール通知を受信する場合がありますしません。Update Manager は、新しくダウンロードしたパッチに関する通知などの e メール通知、およびその他のスケジュール設定タスクを送信するように構成できます。アンチ ウイルス ソフトウェア (McAfee など) を監視およびブロック e メール トラフィックをインストールしている Update Manager から通知を受信することができないことがあります。
    回避策: E メール トラフィックをブロックするアンチ ウイルス ソフトウェアのルールを無効にします。

  • Update Manager はいる FT がオン修正の前に仮想マシンのスナップショットを作成できません。
    FT が有効になっている仮想マシンのスナップショットを作成することはできません。および [修正] ウィザードに FT がオンに仮想マシンを修正する場合は、修正前にスナップショットを作成する、Update Manager は、この設定を無視し、仮想マシンのスナップショットにはなりません。
    回避策: FT を無効化、仮想マシンのスナップショットを作成する Update Manager を構成し、マシンを修正します。修正後に FT をオンにする場合は、スナップショットを削除ししてから FT を有効にします。

  • Update Manager があいまいなエラー メッセージを表示する複数のユーザーが同時に同じ名前のベースラインを作成しようとすると、
    複数のユーザーが同時に同じ名前のベースラインを作成しようとすると、Update Manager はメッセージを表示 The specified key, name, or identifier already exists します。メッセージが明確にはわかりません別のユーザーは、同じ名前のベースラインを作成しようとしています。

  • 複数の通知を含むベースラインをステージングすると一部の通知が表示される場合がありますなし
    複数の通知を含むベースラインの正常にステージング後に、、一部の通知をなしのステージング済み]、他のユーザーとして表示される場合があります。詳細についてが通知を shown as Missing Staged instead が、ベースラインをステージングしたあと(KB 1018530) を参照してください。

  • Update Manager が ESX ホストが IPv6 ネットワーク スタック上で実行されている場合にインストールし、Cisco Nexus 1000 v VEM をアップグレードに失敗します。
    ESX ホストを Cisco Nexus 1000 v DVS に追加すると、Update Manager はホストに Cisco Nexus 1000 v VEM をインストールします。Cisco Nexus 1000 v VSM を最新バージョンにアップグレードするには、Update Manager は DVS に接続されているホスト上の VEM をアップグレードするがによって起動されます。ホストが IPv6 ネットワーク スタック上で実行されている場合、インストールおよびアップグレード操作の両方が失敗することがあります。
    回避策: インストールまたはオフライン バンドルを使用して、ホスト上の VEM を手動でアップグレードします。

  • VMware Tools のアップグレード中に [最近のタスク] ペインで、適切でないエラー メッセージが表示場合があります。
    仮想マシンの VMware Tools のアップグレードを実行する場合は、不適切なエラー メッセージを表示する場合があります Cannot complete operation because VMware Tools is not running in this VM 場合でも、修正は成功します。

  • 修正タスクをスケジュール設定には、一連のタスクが生成されます。
    修正タスクをスケジュール設定すると、いくつかのアクティブなタスクが最近のタスク] ペインに表示されます。これらのタスクの 1 つが Remediate Entity します。このタスクは、新しい修正タスクを作成するときに表示し、オブジェクトの修正を行う実際の修正タスクはありません。Remediate Entityタスクが [修正] ウィザードでの入力内容に基づいて、スケジュール設定された修正のサブタスクが作成されます。

  • 管理ビュー] および [コンプライアンス ビュー] のクイック スイッチ リンクがありません適切に動作環境がリンク モードの場合
    ご使用の vCenter Server システムが、一部の場合のリンク モードがあり、Update Manager インスタンスを個別に登録して各 vCenter Server システム、管理ビューコンプライアンス ビュー ] のナビゲーション リンクが適切に動作しない可能性があります。たとえば、Update Manager インスタンス 1 は vCenter Server システム 1 に登録されており、Update Manager インスタンス 2 が vCenter Server システム 2 に登録されているシナリオを検討してください。VCenter Server システム 1 によって管理されるオブジェクトを選択するとUpdate Manager 」タブをクリックして、上部右隅にある[管理者] ビューをクリックし、Update Manager インスタンス 1 の管理ビューを参照してください。[コンプライアンス ビューをクリックして、vCenter Server の 2 で管理インベントリからオブジェクトを選択および上部右隅にある[管理者] ビューをクリックして表示される 1 の Update Manager インスタンスの管理ビューをもう一度。
    回避策: [コンプライアンス ビューをクリックし、2 番目の Update Manager インスタンスの管理ビューを表示するには、もう一度管理ビュー ] をクリックします。

  • 競合するパッチが修正ウィザードに表示されます。
    パッチ ベースラインを基準に選択したオブジェクトをスキャンしたあとには、複数のパッチ ベースライン] ウィンドウで競合するパッチを参照してください場合があります。選択したオブジェクトを修正しようとすると、競合するパッチは、修正ウィザードで、オブジェクトにインストールするときにパッチとしてカウントされますが、一部またはすべての競合するパッチのみが、修正プロセス中にインストールされています。

  • Update Manager サービスは多数の一時システム ファイルに \Temp ディレクトリを入力することがあります。
    場合がありますと同様に名前を持つ多数のファイルを参照してください ufa{*}.tmp および ufa{*}.tmp.LOG{*} windows \Temp ディレクトリ (デフォルトの場所は C:\WINDOWS\Temp )。

    • ufa{*}.tmpファイル: Update Manager サービスがオフライン仮想マシン スキャンの最中使用できなくなった場合、これらのファイルが作成されます。削除する、 ufa{*}.tmp ファイル (たとえば、削除する、 ufa729F.tmp ファイル)、次の手順を実行します。
      1. 選択スタート > 実行します。
      2. 実行] ウィンドウで次のように入力します。 regedit してEnterを押します。
      3. レジストリ エディタで、移動、 My Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE フォルダを選択、 ufa729F.tmp ファイル。
      4. 選択ファイル > ハイブのアンロードします。
      5. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
      6. 移動 C:\ 次のコマンドを実行します。
        del C:\Windows\Temp\ufa729F.tmp
    • ufa{*}.tmp.LOG{*}ファイル: これらのファイルとは、レジストリ操作のための Windows トランザクション ログ ファイルです。Windows レジストリのトランザクションをログ記録の結果としてを生成するそれが使用後に削除されます。ufa{*}.tmp.LOG{*}ファイルは、その他の Windows 一時ファイルと同様、Windows のディスク クリーンアップ タスクの一環として削除できます。
      削除する、 ufa{*}.tmp.LOG{*} ファイル (たとえば、削除する、 ufaFF50.tmp.LOG2 ファイル)、次の手順を実行します。
      1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
      2. 移動 C:\ 次のコマンドを実行します。
        del C:\Windows\Temp\ufaFF50.tmp.LOG2
  • Update Manager Web Client が vSphere Web Client に表示されません。
    Vsphere Web Client の IPv4 アドレスを使用して IPv6 アドレスは、ログを使用して vCenter Server システムに Update Manager サーバを登録した場合、Update Manager] タブが vSphere Web Client では表示されません。
    回避策: VSphere Web Client で Update Manager] タブが表示されたら、次のタスクを実行します。

    • IPv4 を使用して vCenter Server システムで Update Manager サーバが登録されている場合は、IPv4 アドレスを使用して、vSphere Web Client に接続します。
    • IPv6 を使用して vCenter Server システムで Update Manager サーバが登録されている場合は、IPv6 アドレスを使用して、vSphere Web Client に接続します。
  • Update Manager Web Client ページにコンプライアンスの状態情報の不整合が表示されます。
    Update Manager Web Client で、ベースラインを選択すると、添付されたベースライン テーブル、添付されたベースライン グループ] ドロップ ダウン メニューで、および添付されたベースライン テーブルの下のコンプライアンス状態の詳細で、オブジェクトのコンプライアンス状態の情報が表示されます。
    または別のユーザーは、オブジェクトのコンプライアンス状態に影響する操作を実行して、不整合場合があります、Update Manager Web Client ページに表示されるコンプライアンス状態の情報に表示されます。などのオブジェクトのコンプライアンス状態に影響する操作は、オブジェクトを直接更新または Update Manager Client 内でベースラインの内容を変更すると、Update Manager Client 内オブジェクトを修正します。
    Update Manager Web Client で、ベースラインを選択すると、コンプライアンス状態の詳細は常にオブジェクトの最新のコンプライアンス状態の情報を表示します。ただし、ベースラインには、Update Manager Web Client から開始された前回のスキャン操作からコンプライアンス状態が表示されます。 または、最後に、vSphere Web Client を更新します。

  • Update Manager Web Client で、添付されたベースラインが、Update Manager Client の添付されたベースラインと異なる
    Update Manager Client での vSphere インベントリ オブジェクトにベースラインを添付すると、Update Manager Web Client の添付されたベースライン テーブルには表示されません。
    Update Manager Client 内のベースラインを分離する場合、Update Manager Web Client で、添付されたベースライン テーブルからも削除されません。
    スキャン操作の完了後に、Update Manager Web Client には表示されますが、Update Manager Client 内で分離され、すでにベースラインに対して Update Manager Web Client からスキャンを開始すると、ベースラインは、Update Manager Web Client の添付されたベースライン テーブルから消去します。
    この動作は、Update Manager Web Client ですべてのコンテンツが自動的に Update Manager Client から操作を実行した後に更新しないために発生します。
    この動作は、ベースラインおよびベースライン グループの同じです。
    回避策: VSphere Web Client を手動で更新します。