VSA Manager では、VSA クラスタが不要になって削除する場合や、VSA クラスタの作成に失敗してやり直すために ESXi ホストの構成をクリーンアップする場合に使用できる、クリーンアップ スクリプトが用意されています。

このタスクについて

VSA Manager をアンインストールしても、VSA は削除されません。vCenter Server が管理する VSA クラスタを削除するには、VSA Manager によってインストールされる cleanup.bat スクリプトを使用する必要があります。

手順

  1. Windows Server 2003 または 2008 では、コマンド プロンプトを起動します。
  2. コマンド プロンプトで、ディレクトリを cleanup.bat スクリプトのディレクトリに変更します。

    cd C:\Program Files\VMware\Infrastructure\tomcat\webapps\VSAManager\WEB-INF\test\tool\

  3. cleanup.bat スクリプトを実行します。

    cleanup.bat -u user -p password -d datacenter_name|deleteAllDCs

    オプション

    説明

    -u

    vCenter Server 管理者のユーザー名。

    -p

    vCenter Server 管理者のパスワード。

    -d

     
     

    datacenter_name

    削除する VSA クラスタが格納されているデータセンターの名前。

     

    deleteAllDCs

    vCenter Server によって管理されるすべての VSA クラスタを削除する場合は、このオプションを入力します。

    cleanup.bat スクリプトにより、VSA データストアがアンマウントおよび削除され、VSA 仮想マシンが停止および削除され、ESXi ホストがデフォルト構成に戻されます。スクリプトにより、追加の仮想スイッチおよびアップリンクが削除され、デフォルトの仮想スイッチのデフォルト ポート グループのみが維持されます。プロセスの終了後、vCenter Server インベントリで、ESXi ホストにアラート アイコンが表示される場合があります。これは、スクリプトによりデフォルト仮想スイッチの冗長なアップリンクが削除されるためです。VSA Manager ページには、VSA クラスタが現在使用できないというメッセージが表示されます。

  4. ESXi ホストについて、ネットワーク アップリンクの冗長性が失われました アラームをクリアします。
  5. VMware Virtual Center Management Webservices を手動で再起動します。

    設定 > コントロール パネル > 管理ツール > サービス > サービス > VMware Virtual Center Management Webservices を選択して、サービスを開始します。サービスが開始するまでに数分間かかる場合があります。

  6. vSphere Web Client および VSA Manager ページを更新します。

次のタスク

これで、同じ ESXi ホストで新規 VSA クラスタを作成できます。