vCenter Server システムに障害が発生し、復旧するかまたは VSA Manager と共に再インストールする必要があった場合でも、VSA クラスタは実行中のままですが、vCenter Server および VSA Manager では登録されなくなります。VSA Installer ウィザードを使用して、実行中の VSA クラスタを復旧することができます。VSA Manager で VSA クラスタを復旧しても、クラスタが変更されることはありません。

始める前に

複数の VSA クラスタにわたる管理を復旧するには、各 VSA クラスタを個別に復旧させる必要があります。

環境が VSA クラスタの復旧要件を満たすことを確認してください。

  • ESXi ホストの IP アドレスが変更されていない

  • VSA クラスタがオンラインであり、仮想マシンがまだ実行中である

  • クラスタのすべての ESXi ホストで同じ root パスワードが指定されている

  • vCenter Server が同じコンピュータまたは別のコンピュータにインストールされている

  • 障害が発生した vCenter Server のデータベースがリストアされていない

新しい vCenter Server インストールを使用して VSA Manager をインストールします。

vCenter Server に新しいデータセンターを作成します。VSA クラスタ復旧のワークフローでは VSADC という名前でデータセンターが作成されるため、データセンターの名前をこの名前にしないでください。VSADC という名前のデータセンターが存在する場合、復旧は失敗します。

VSA Installer ウィザードの ようこそ ページで、VSA クラスタの復旧 を選択して 次へ をクリックします。

タスクの結果

[VSA クラスタの復旧] ページに、復旧タスクの進行状況が表示されます。

次のタスク

復旧プロセスが完了した後、再構成 をクリックし、ネットワークの再構成ウィザードを開きます。詳細については、VSA クラスタ ネットワークの再構成 を参照してください。