VSA クラスタ サービスは、2 つのメンバーを持つ VSA クラスタに必要です。Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows 7、Red Hat Linux、SUSE Linux Enterprise Server (SLES) などの各種 64 ビットのオペレーティング システムにサービスを個別にインストールできます。

VSA クラスタ サービスを別々にインストールする場合、次の考慮事項が適用されます。

  • VSA クラスタ サービスのインストールには、2GB の容量が必要です。

  • VSA クラスタ サービスは、他のクラスタ メンバーと同じサブネットに配置する必要があります。

  • 複数の VSA クラスタ サービスを同じサーバにインストールしないでください。

  • VSA データストアで実行する仮想マシンに VSA クラスタ サービスをインストールしないでください。

  • VSA ホストで実行する仮想マシンに VSA クラスタ サービスをインストールしないでください。

  • VSA クラスタ サービスをホストするマシンには、1 つのネットワーク インターフェイスおよび 1 つの IP アドレスしか設定できません。

  • VSA クラスタ サービスのすべてのログは、$INSTALL_HOME/logs フォルダにあります。

  • VSA クラスタ サービスで通信用に使用されるネットワーク ポートは、4330、4331、4332、4333、4334、4335、4336、4337、4338、4339 です。

    サービスを起動する前に、これらのポートが他のプロセスで使用されていないことを確認してください。

  • VSA クラスタ サービスが仮想マシンで実行される場合は、100% の仮想マシン メモリを予約します。また、最低 500MHz の CPU 時間も予約します。仮想マシンが 2 秒以上停止する原因となるメモリ スワップを回避するため、このような予約が必要です。メモリ スワップが発生すると、VSA クラスタ サービスがクラスタから切断され、クラスタが使用できなくなる可能性があります。

  • 2 ノードの Virtual SAN クラスタでは、2 つの VSA ホストのいずれかで実行中の仮想マシンにクラスタ サービスをインストールしないでください。