VSA クラスタ ネットワークの新しい IP アドレスを指定し、VLAN ID 値を変更できます。

手順

ウィザードの [VSA クラスタ ネットワーク] ページで、ESXi ホストのサブネットに新規 IP アドレスを指定し、次へ をクリックします。
表 1. VSA クラスタ ネットワーク構成値

オプション

操作

VSA クラスタ IP アドレス

VSA クラスタに固定 IP アドレスを割り当てます。クラスタのリーダーである VSA クラスタ メンバーに、VSA クラスタ IP アドレスが割り当てられます。プライベート サブネット 192.168.x.x の IP アドレスは使用しないでください。

VSA クラスタ サービス IP アドレス

VSA クラスタ サービスに固定 IP アドレスを割り当てます。VSA クラスタ サービスが、すでにインストールされており、提供された IP アドレスで実行されている必要があります。プライベート サブネット 192.168.x.x の IP アドレスは使用しないでください。単純な 2 メンバー構成では、vCenter Server の IP アドレスを使用できます。

ESXi ホスト 1 のネットワーク

管理 IP アドレス

VSA クラスタ メンバーの管理ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てます。プライベート サブネット 192.168.x.x の IP アドレスは使用しないでください。

データストアの IP アドレス

VSA データストアとしてエクスポートされる NFS ボリュームに固定 IP アドレスを割り当てます。プライベート サブネット 192.168.x.x の IP アドレスは使用しないでください。

vSphere 機能の IP アドレス

これは vMotion が使用する IP アドレスです。

  • vCenter Operation のユーザー権限を選択し、 ESXi 機能ネットワークに IP アドレスを割り当てるには、DHCP の使用 チェック ボックスを選択します。

  • ESXi 機能ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てるには、DHCP の使用 チェック ボックスの選択を解除します。

サブネット マスク

ESXi ホストの IP アドレスのサブネット マスク。ウィザードによりサブネット マスクが検出されます。変更することはできません。

ゲートウェイ

ESXi ホストの IP アドレスのサブネットにおけるゲートウェイ。ウィザードによりゲートウェイ IP アドレスが検出されます。変更することはできません。

VLAN ID

管理ネットワークに VLAN ID を割り当てます。

バックエンド IP アドレス

VSA クラスタ メンバーのバックエンド ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てます。

注:

192.168.x.x とは別のサブネットにあるバックエンド固定 IP アドレスを割り当てることはできません。

バックエンド サブネット マスク

バックエンド ネットワークのサブネット マスク。ウィザードにより、バックエンド プライベート サブネットにこの値が追加されます。変更することはできません。

バックエンド VLAN ID

バックエンド ネットワークに VLAN ID を割り当てます。

ESXi ホスト 2 のネットワーク

管理 IP アドレス

VSA クラスタ メンバーの管理ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てます。プライベート サブネット 192.168.x.x の IP アドレスは使用しないでください。

データストアの IP アドレス

VSA データストアとしてエクスポートされる NFS ボリュームに固定 IP アドレスを割り当てます。プライベート サブネット 192.168.x.x の IP アドレスは使用しないでください。

vSphere 機能の IP アドレス

  • vCenter Operation のユーザー権限を選択し、 ESXi 機能ネットワークに IP アドレスを割り当てるには、DHCP の使用 チェック ボックスを選択します。

  • ESXi 機能ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てるには、DHCP の使用 チェック ボックスの選択を解除します。

サブネット マスク

ESXi ホストの IP アドレスのサブネット マスク。ウィザードによりサブネット マスクが検出されます。変更することはできません。

ゲートウェイ

ESXi ホストの IP アドレスのサブネットにおけるゲートウェイ。ウィザードによりゲートウェイ IP アドレスが検出されます。変更することはできません。

VLAN ID

管理ネットワークに VLAN ID を割り当てます。

バックエンド IP アドレス

VSA クラスタ メンバーのバックエンド ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てます。

注:

192.168.x.x とは別のサブネットにあるバックエンド固定 IP アドレスを割り当てることはできません。

バックエンド サブネット マスク

バックエンド ネットワークのサブネット マスク。ウィザードにより、バックエンド プライベート サブネットにこの値が追加されます。変更することはできません。

バックエンド VLAN ID

バックエンド ネットワークに VLAN ID を割り当てます。

ESXi ホスト 3 のネットワーク

管理 IP アドレス

VSA クラスタ メンバーの管理ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てます。プライベート サブネット 192.168.x.x の IP アドレスは使用しないでください。

データストアの IP アドレス

VSA データストアとしてエクスポートされる NFS ボリュームに固定 IP アドレスを割り当てます。プライベート サブネット 192.168.x.x の IP アドレスは使用しないでください。

vSphere 機能の IP アドレス

  • vCenter Operation のユーザー権限を選択し、 ESXi 機能ネットワークに IP アドレスを割り当てるには、DHCP の使用 チェック ボックスを選択します。

  • ESXi 機能ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てるには、DHCP の使用 チェック ボックスの選択を解除します。

サブネット マスク

ESXi ホストの IP アドレスのサブネット マスク。ウィザードによりサブネット マスクが検出されます。変更することはできません。

ゲートウェイ

ESXi ホストの IP アドレスのサブネットにおけるゲートウェイ。ウィザードによりゲートウェイ IP アドレスが検出されます。変更することはできません。

VLAN ID

管理ネットワークに VLAN ID を割り当てます。

バックエンド IP アドレス

VSA クラスタ メンバーのバックエンド ネットワークに固定 IP アドレスを割り当てます。

注:

192.168.x.x とは別のサブネットにあるバックエンド固定 IP アドレスを割り当てることはできません。

バックエンド サブネット マスク

バックエンド ネットワークのサブネット マスク。ウィザードにより、バックエンド プライベート サブネットにこの値が追加されます。変更することはできません。

バックエンド VLAN ID

バックエンド ネットワークに VLAN ID を割り当てます。

タスクの結果

[構成の検証] ページが表示されます。

次のタスク

新しい構成を検証し、再構成プロセスを開始します。