Linux マシンから VSA クラスタ サービスをアンインストールする場合、uninstall.sh コマンドでさまざまなコマンドライン オプションを使用できます。

表 1. uninstall.sh のコマンドライン オプション

オプション

説明

-h|--help

このヘルプを印刷します。

-k | --keepuser

このオプションを指定すると、アンインストール スクリプトはユーザー アカウントを削除しません。デフォルトでは、ユーザー アカウントが削除されます。

-s | --silent

このオプションを指定すると、ディレクトリおよびユーザー アカウントの削除がアンインストール スクリプトで確認されません。このオプションは、ユーザーの操作を必要としないスクリプトによるアンインストールに便利です。

-v | --verbose

verbose 情報を印刷します。

-D | --debug

実行時のすべてのコマンドおよびその引数を印刷します (set -x).

アンインストール スクリプトでのコマンドライン オプションの使用

  • $INSTALL_HOME/setup/uninstall.sh。VSA クラスタ サービスをアンインストールします。ディレクトリおよびユーザー アカウントの削除を確認するように促すメッセージが表示されます。

  • $INSTALL_HOME/setup/uninstall.sh -s –k。VSA クラスタ サービスをアンインストールします。ディレクトリ削除の確認を促すメッセージは表示されず、ユーザー アカウントはそのまま残ります。