VSA クラスタ メンバーの置き換え ウィザードを使用し、ストレージ構成の変更に失敗した、またはストレージ構成の変更を経験した ESXi ホストを置き換えます。

始める前に

  • VSA アプライアンスをパワーオフし、置き換えが必要な ESXi ホストから削除します。

    注意:

    VSA アプライアンスを削除しないと、後でホストをクラスタに追加したとき VSA アプライアンスがクラスタに再び参加しようとします。これにより、予期しない結果が起ることがあります。

  • 置き換えが必要な ESXi ホストをパワーオフし、vCenter インベントリから削除します。

  • 置き換え ESXi ホストを vCenter Server に追加します。置き換えホストに残りの VSA アプライアンスがないことを確認します。

  • 置き換えホストで実行中の仮想マシンを確実にパワーオフまたは移行します。パワーオフまたは移行しないと、ホストが VSA HA クラスタに参加できません。実行中の仮想マシンで、Enhanced vMotion Capability (EVC) ベースラインのプロパティを最高値に設定すると、ホストがクラスタに参加可能になり、置き換えタスクが正常に終了します。ただし、ホストは HA クラスタの一部にはならず、ESXi ホスト上の仮想マシンは HA 保護対象になりません。

このタスクについて

置き換え用として新たにインストールした ESXi ホストを使用できます。ストレージの再構成を受けた、あるいは失敗後に修復された既存のホストを使用することもできます。既存の ESXi ホストの管理 IP を再利用できます。

置き換え操作時に必要となるネットワーク トラフィックの量を減少させるために、VSA の .vmdk ファイルを、vCenter Server からではなく、ESXi ホストのローカル ディレクトリから取得できます。VSA クラスタを VSA システム ディスクのローカル コピーからデプロイする を参照してください。

タスクの結果

ウィザードでは vSphere Storage Appliance を置き換え ESXi ホストにデプロイし、アプライアンスを構成して VSA クラスタに参加させ、障害が発生した VSA クラスタ メンバーを置き換えます。