VSA クラスタをメンテナンス モードにして、任意のコンポーネント (ホスト、データストア、ネットワークなど) のメンテナンス タスクを実行することができます。

始める前に

VSA 仮想マシンを例外として、VSA クラスタのすべての仮想マシンのオペレーティング システムをシャットダウンし、電源をオフにしてください。

手順

  1. vSphere Web Client で、VSA クラスタがあるデータセンターを選択してから 管理 タブをクリックし VSA Manager をクリックします。
  2. [VSA クラスタのプロパティ] ペインで、[アクション] ボタンをクリックします。
  3. VSA クラスタのメンテナンス モードへの切り替え を選択します。

    確認のダイアログ ボックスが表示されます。

  4. ダイアログ ボックスで はい をクリックします。

    VSA クラスタのステータスは「メンテナンス」になり、すべてのデータストアのステータスは「オフライン」になります。

  5. VSA クラスタ内のハードウェアまたはソフトウェアでメンテナンス タスクを実行します。
  6. メンテナンスを完了した後で、VSA クラスタ メンテナンス モードの終了 をクリックします。

    VSA クラスタとデータストアのステータスが「オンライン」に変わります。