vSphere Storage Appliance には、VSA クラスタ インストールで、VSA の .vmdk ファイルを、vCenter Server からではなく、ESXi ホストのローカル ディレクトリから取得するオプションが用意されています。

このタスクについて

この代替オプションは、リモート オフィス/ブランチ オフィス (ROBO) のインストールおよびデプロイ時にネットワークの問題に起因する障害が生じた場合に役立ちます。VSA の .vmdk ファイルをローカルに配置すると、VSA クラスタのデプロイ時に必要になるネットワーク トラフィックの量が減少します。

VSA クラスタの作成を始める前に、.vmdk ファイルを ESXi ホスト上に手動で配置します。VSA インストーラは最初にこのローカル ディレクトリを調べ、続いてこれらのファイルの標準の保存先を調べます。この手順は、VSA クラスタ メンバーを置き換えるときや、vCenter ServerESXi ホスト間の帯域幅が限られている場合にも使用できます。

手順

  1. vCenter Server を実行しているシステムで、次のディレクトリの VSA システム ファイル sva_system1.vmdksva_system2.vmdk を探します。

    C: \Program Files\VMware\Infrastructure\webapps\VSAManager\ovf

    vCenter Server が C: 以外のドライブにインストールされている場合は、該当する文字を使用します。

  2. sva_system1.vmdksva_system2.vmdk を、VSA クラスタに使用する各 ESXi ホストの次のディレクトリにコピーします。

    /vmfs/volumes/datastore-name/vsa-ovf

  3. VSA インストーラを通常どおり実行します。

    VSA Manager ログのエントリに、ファイルがローカル データストアからコピーされたことが示されます。次のようなエントリが表示されます。

    Performing VMDK copy of: /vsa-ovf/sva_system2.vmdk to: /VSA-1/VSA-1_17.vmdk on datastore: datastore-1277
    

    Completed VMDK copy of: /vsa-ovf/sva_system2.vmdk to: /VSA-0/VSA-0_17.vmdk on datastore: datastore-1285. task state: success