vSphere Storage Appliance および VSA クラスタ コンポーネントをバージョン 1.x からバージョン 5.5 以降にアップグレードできます。

始める前に

  • VSA クラスタ コンポーネント以外のメディアに VSA クラスタで実行しているすべての仮想マシンをバックアップします。

  • すべてのアプライアンスおよびデータストアを含む VSA クラスタがオンラインで、正常に機能していることを確認します。

このタスクについて

単一の vSphere Storage Appliance のアップグレード手順では、VSA Manager、VSA クラスタ サービス、および VSA クラスタがアップグレードされます。vSphere Storage Appliance コンピュータにインストールされた vCenter Server をアップグレードする場合は、初めに vCenter Server を互換性のあるバージョンにアップグレードできます。また、VSA クラスタ メンバーである ESXi ホストもアップグレードできます。vCenter Server および ESXi のアップグレードについては、『vSphere のインストールとセットアップ』ドキュメントを参照してください。

正常なアップグレードにより、すべてのアプライアンスはバージョン 1.x から 5.5 にアップグレードされます。VSA アプライアンス バージョン 1.x を VSA Manager 5.5 とともに使用することはできません。

次の手順は vCenter ServervSphere Storage Appliance および ESXi の完全なアップグレード手順です。

手順

  1. vSphere Storage Appliance コンポーネントをバージョン 5.5 にアップグレードします。
    1. vCenter Server マシンで、VMware-vsamanager-all-version_number-build_number.exe ファイルを起動します。
    2. 指示に従ってアップグレードを実行します。
  2. 2 ノードの VSA クラスタを使用している場合、VSA クラスタ サービスの構成ファイルを更新します。

    このステップは、vCenter Server をバージョン 5.x から 5.5 にアップグレードした場合にだけ実行します。

    1. 以下の場所にあるファイルを参照します。

      C:\Program Files\VMware\Infrastructure\VSA Manager\VSAClusterService\conf\wrapper.conf

    2. 次の値を、

      wrapper.java.command=wrapper.java.command=C:/Program Files/VMware/Infrastructure/jre/bin/java

      次の新しい値で置き換えます。

      wrapper.java.command=C:/Program Files/Common Files/VMware/VMware vCenter Server - Java Components/bin/java

  3. (オプション) : vCenter Server を互換性のあるバージョンにアップグレードします。
  4. VSA クラスタをクラスタ メンテナンス モードにします。
  5. (オプション) : ESXi ホストを互換性のあるバージョンにアップグレードします。
  6. VSA クラスタをメンテナンス モードから切り替えます。

次のタスク

アップグレード後に VSA Manager ページが無効になっている場合は、VMware VirtualCenter Management Webservices を再起動します。詳細については、VSA Manager ページが表示されないを参照してください。