移動先で VSA クラスタを復旧することにより、VSA クラスタの移動を完了させます。

始める前に

  • クラスタ コンポーネントのネットワークを再構成します。詳細については、VSA クラスタ コンポーネントの再構成を参照してください。

  • VSA 仮想マシンが変更されていないことを確認します。仮想マシンの名前と注釈は変更されません。

  • データストアがオフラインのときでも ESXi ホストに VSA データストアがマウントされたままであることを確認します。

  • VSA クラスタ メンバーである ESXi ホスト上のネットワークを再構成する場合は、すべてのホストが同じサブネット上にあることを確認してください。

  • クラスタのすべての ESXi ホストで同じ root パスワードが指定されていることを確認します。

  • クラスタ内のすべての ESXi ホストがパワーオンされており、vCenter Server に追加できる状態であることを確認します。

  • すべての VSA 仮想マシンがパワーオフされていることを確認します。

  • 2 ノード クラスタを使用する場合は、VSA クラスタ サービスが作動していることを確認します。

このタスクについて

移動先で、vCenter Server が VSA クラスタを再構築しながら VSA クラスタ メンバーの IP アドレスを使用してそれらにアクセスし、クラスタに追加します。

手順

  1. vSphere Web Client で、VSA クラスタが設定されていないデータセンターを選択し、管理 > VSA Manager をクリックします。

    VSA Installer ウィザードが開きます。

  2. ようこそページで、移動操作の完了 を選択し、次へ をクリックします。
  3. オフラインの VSA クラスタを復旧するために必要な情報を入力し、次へ をクリックします。

    オプション

    アクション

    VSA クラスタ ユーザー名

    svaadmin と入力します。

    VSA クラスタ パスワード

    VSA クラスタ パスワードを入力します。デフォルトの VSA クラスタ パスワードは svapass です。

    ESXi ホストのユーザー名

    root と入力します。

    ESXi ホストのパスワード

    ESXi ホスト パスワードを入力します。

    クラスタ タイプ

    クラスタタイプ、2 ノードまたは 3 ノードを選択します。

    VSA ホストの名前または IP アドレス

    VSA クラスタの一部である各 ESXi ホストのホスト名または固定 IP アドレスを入力します。

    クラスタ サービス IP アドレス(2 ノード クラスタのみ)

    VSA クラスタ サービスの固定 IP アドレスを入力します。VSA クラスタ サービスが指定されたアドレスで作動している必要があります。

    注:

    入力した情報が正しくない場合、VSA Manager は VSA クラスタを検出できず、エラー メッセージが表示されます。間違ったパスワードを入力した場合は、クラスタ パスワードをリセットして復旧操作を再試行できます。

  4. 情報を確認し、VSA セキュリティ ポリシーを受け入れることを確認します。
  5. 復旧 をクリックし、復旧プロセスを開始することを確認します。

    VSA Manager が VSA クラスタの復旧を開始し、VSA クラスタの復旧ページに進捗状況が表示されます。

タスクの結果

VSA Manager が VSA クラスタ メンバーを検出し、そのクラスタとそのクラスタ上で構成されているすべての仮想マシンをリストアします。ESXi ホスト上のサブネット マスクおよびゲートウェイ パラメータを変更している場合は、クラスタ ネットワークが ESXi ホスト上で構成された新しい値に設定されます。VSA Manager によって、すべてのクラスタ メンバーと VSA 仮想マシンに割り当てられたすべての IP が同じサブネット内にあることが確認されます。

次のタスク

復旧プロセスが完了した後、再構成 をクリックし、ネットワークの再構成ウィザードを開きます。VSA クラスタ ネットワークの再構成を参照してください。