VSA クラスタ メンバーをメンテナンス モードに設定して、メンバーを格納しているホストでメンテナンス タスクを実行することができます。

始める前に

クラスタのホストがすべて実行中で、データストアがすべて使用可能であることを確認します。

このタスクについて

VSA クラスタ メンバーのホスト IP アドレスは VSA の中に保存されています。VSA クラスタ メンバーの IP アドレスを変更すると、接続障害が発生する可能性があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、VSA クラスタがあるデータセンターを選択してから 管理 タブをクリックし VSA Manager をクリックします。
  2. [サマリ] タブで、アプライアンス ビューを選択します。
  3. メンテナンス モードに設定する VSA クラスタ メンバーを右クリックして、アプライアンス メンテナンス モードに設定 を選択します。
  4. 確認のダイアログで はい をクリックします。

    VSA クラスタ メンバーのステータスがメンテナンス モードに変わります。別のホストで実行されている VSA クラスタ メンバーによってエクスポートされるレプリカを通して、この VSA クラスタ メンバーによってエクスポートされるデータストアが使用できるようになります。データストアの状態が、[低下しました]に変わります。これは、レプリカがオンラインではないため、データストアが高い可用性で使用できなくなったことを意味します。

  5. メンテナンス モードの VSA クラスタ メンバーを格納するホストのハードウェア上で、メンテナンス操作を実行します。
  6. メンテナンス操作の完了後、メンテナンス モードを終了します。
    1. 関連オブジェクト タブをクリックし、ホストをクリックします。
    2. メンテナンス モードで VSA クラスタ メンバーを収容しているホストを選択し、右クリックのメニューからパワーオンを選択します。
    3. VSA Manager のアプライアンス ビューで、VSA クラスタ メンバーのステータスがメンテナンス モードとして正常に表示されていることを確認します。
    4. VSA クラスタ メンバーを右クリックし、アプライアンス メンテナンス モードの終了を選択します。