vSphere Fault Tolerance を構成する前に、フォールト トレランスと相互運用できない機能および製品について理解しておく必要があります。

Fault Tolerance でサポートされない vSphere の機能

vSphere の次の機能は、フォールト トレランス対応の仮想マシンに対してサポートされていません。

  • スナップショット。仮想マシンで Fault Tolerance を有効にする前に、スナップショットを削除またはコミットしておく必要があります。また、Fault Tolerance が有効になっている仮想マシンでスナップショットを作成することはできません。

  • Storage vMotion。Fault Tolerance がオンになった仮想マシンに対して、Storage vMotion を起動することはできません。ストレージを移行するには、Fault Tolerance を一時的にオフにして、ストレージの vMotion アクションを実行します。この処理が終了したら、フォールト トレランスをもう一度オンにすることができます。

  • リンク クローン。リンク クローンの仮想マシンでは、Fault Tolerance を有効にできません。 また、Fault Tolerance が有効になっている仮想マシンからリンク クローンを作成することもできません。

  • 仮想マシンのバックアップ。フォールト トレランスが有効になっている仮想マシンは、Storage API for Data Protection、vSphere Data Protection、または仮想マシンのスナップショットを使用する必要がある類似のバックアップ製品を使用して、ESXi で実行されるようにバックアップすることはできません。フォールト トレランス対応の仮想マシンをこの方法でバックアップするには、まずフォールト トレランスを無効にし、バックアップの実行後に再度有効にする必要があります。ストレージのアレイ ベースのスナップショットは、フォールト トレランスには影響しません。

  • Virtual SAN。

Fault Tolerance と互換性のない機能とデバイス

仮想マシンで Fault Tolerance を使用できるようにするには、仮想マシンで次の機能またはデバイスを使用しないでください。

表 1. Fault Tolerance と互換性のない機能とデバイス、および対策

互換性のない機能またはデバイス

対策

対称型マルチプロセッサ (SMP) の仮想マシン。vCPU が 1 つの仮想マシンのみ、Fault Tolerance を使用できます。

仮想マシンを、1 つの vCPU として再構成してください。多数のワークロードが 1 つの vCPU として構成され、すぐれたパフォーマンスが保持されます。

物理的な Raw ディスク マッピング (RDM)。

物理 RDM でバッキングされた仮想デバイスを使用している仮想マシンを、仮想 RDM を使用するように再構成します。

物理デバイスまたはリモート デバイスでバッキングされた CD-ROM またはフロッピー仮想デバイス。

CD-ROM またはフロッピー仮想デバイスを削除するか、共有ストレージにインストールされている ISO でバッキングを再構成します。

準仮想化ゲスト。

準仮想化が必要ない場合は、VMI ROM を使用しないように仮想マシンを再構成します。

USB およびサウンド デバイス。

これらのデバイスを仮想マシンから削除します。

N_Port ID Virtualization (NPIV)。

仮想マシンの NPIV 構成を無効にします。

NIC パススルー。

この機能は Fault Tolerance でサポートされていないため、オフにする必要があります。

vlance ネットワーク ドライバ。

Fault Tolerance では、vlance 仮想 NIC カードで構成されている仮想マシンはサポートされません。ただし、vmxnet2、vmxnet3、および e1000 は完全にサポートされています。

クラスタリング機能が有効になっていない、シン プロビジョニングされているストレージまたはシック プロビジョニングされているディスクでバッキングされた仮想ディスク。

Fault Tolerance をオンにすると、適切なディスク フォーマットへの変換がデフォルトで実行されます。この変換を作動させるには、仮想マシンをパワーオフする必要があります。

ホット プラギング デバイス。

フォールト トレランス対応の仮想マシンに対して、ホット プラグ機能は自動的に無効になります。デバイスをホットプラグするには、取り付ける場合でも取り外す場合でも、少しの間 Fault Tolerance をオフにしてホットプラグを実行してから、フォールト トレランスをオンにします。

注:

Fault Tolerance を使用するとき、仮想マシンを実行中に仮想ネットワーク カードの設定を変更するのはホットプラグ操作になります。それは、ネットワーク カードを「取り外して (アンプラギング)」から再度「取り付ける (プラギング)」必要があるからです。たとえば実行中の仮想マシンの仮想ネットワーク カード (仮想 NIC) が接続されているネットワークを変更する場合、フォールト トレランスを最初にオフにする必要があります。

EPT/RVI (Extended Page Tables/Rapid Virtualization Indexing)。

Fault Tolerance がオンになっている仮想マシンに対して、EPT/RVI は自動的に無効になります。

シリアル ポートまたはパラレル ポート

これらのデバイスを仮想マシンから削除します。

IPv6

FT ログ記録 NIC では IPv4 アドレスを使用します。

3D を有効にしたビデオ デバイス。

Fault Tolerance は、3D を有効にしたビデオ デバイスをサポートしていません。

仮想 EFI ファームウェア

ゲスト OS をインストールする前に、仮想マシンが BIOS ファームウェアを使用するように構成されていることを確認してください。