vSphere HA クラスタで管理ネットワークの障害が発生すると、そのクラスタのホストの一部は、管理ネットワーク越しに他のホストと通信できなくなる場合があります。クラスタ内に複数のパーティションが発生します。

クラスタがパーティション化されると、仮想マシンの保護やクラスタの管理機能が低下します。パーティション化したクラスタはできるだけ早く修復します。

  • 仮想マシンの保護。vCenter Server を使用して仮想マシンをパワーオンできますが、仮想マシンを保護できるのは、その仮想マシンに責任のあるマスター ホストと同一パーティションで仮想マシンが実行されている場合のみです。マスター ホストは、vCenter Server と通信している必要があります。マスター ホストが仮想マシンに対して責任があるのは、その仮想マシンの構成ファイルを含むデータストア上のシステム定義ファイルを排他的にロックしている場合です。

  • クラスタ管理。vCenter Server が通信できるのは、クラスタ内の一部のホストとのみで、1 つのマスター ホストのみとしか接続できません。結果的に、vSphere HA に影響する構成変更は、パーティション化が解決されるまで実行されない場合があります。この障害の結果、パーティションの 1 つは古い構成のまま運用され、他のパーティションでは新しい設定が使用されているということが起こり得ます。

vSphere HA クラスタに ESXi 5.0 より前のホストが含まれている状態でパーティションが発生した場合、vSphere HA は、ユーザーがパワーオフした仮想マシンを過ってパワーオンしたり、障害の発生した仮想マシンの再起動に失敗したりする恐れがあります。