クラスタが作成されると、ホストの監視によって vSphere HA マスター ホストは、ホストまたは仮想マシンの障害および管理ネットワークの隔離に対応できるようになります。 仮想マシン再起動の優先順位とホスト隔離時の対応によって、ホスト障害と隔離に対する vSphere HA の対応が決まります。

このタスクについて

ホストの監視ページは、vSphere HA を有効にした場合のみ表示されます。

手順

  1. vSphere Web Client で、vSphere HA クラスタに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [設定] で vSphere HA を選択し、編集 をクリックします。
  4. ホストの監視 を展開して、ホスト監視の構成オプションを表示します。
  5. ホストの監視 を選択してこの機能を有効にします。
  6. クラスタ内の仮想マシンに対して、仮想マシン再起動の優先順位 を選択します。

    再起動の優先順位は、ホストの障害時に仮想マシンを再起動する順序を特定します。 優先順位の高い仮想マシンが先に起動されます。 この優先順位はホスト単位でのみ適用されます。 複数のホストで障害が発生した場合、優先順位が 1 位のホストからすべての仮想マシンを移行し、次に優先順位が 2 位のホストからすべての仮想マシンを移行するといったように、順次移行を行います。

  7. ホスト隔離時の対応 を選択します。

    ホストの隔離時の対応は、vSphere HA クラスタ内のホストがコンソール ネットワーク接続を切断されても実行し続ける場合に、どのような処理を行うかを特定します。

  8. OK をクリックします。

タスクの結果

これで、ホスト監視機能が有効になり、仮想マシン再起動の優先順位とホスト隔離時の対応に関する設定が有効になります。