計画的ダウンタイムは一般に、データ センターのダウンタイムの 80% 以上を占めます。ハードウェアのメンテナンス、サーバの移行、ファームウェアの更新はすべて、物理サーバのダウンタイムを必要とします。このダウンタイムの影響を最小限にするために、組織は、不便でスケジュール設定が困難なダウンタイム用時間枠までメンテナンスを遅らせざるをえません。

vSphere では、組織は計画的ダウンタイムを大幅に短縮できます。vSphere 環境では、ダウンタイムやサービスの中断なしにワークロードを動的に別の物理サーバに移動できるため、アプリケーションとサービスのダウンタイムを必要とせずにサーバのメンテナンスを実行できます。vSphere を使用すると、組織は次のことができます。

  • 一般的なメンテナンス操作のためのダウンタイムを排除できます。

  • 計画的なメンテナンス用時間枠をなくすことができます。

  • ユーザーの操作やサービスを中断せずに、いつでもメンテナンスを行うことができます。

vSphere における vSphere vMotion® 機能と Storage vMotion 機能により、組織は計画的ダウンタイムを短縮できます。 VMware 環境ではサービスの中断なしに、ワークロードを別の物理サーバまたは別の基盤ストレージへ動的に移動できるからです。システム管理者は、不便なメンテナンス用時間枠のスケジュール設定を強制されずに、迅速かつ完全に透過的なメンテナンス操作を実行できます。