vSphere HA のチェックリストでは、vSphere HA クラスタを作成および使用する前に理解しておく必要のある要件について説明しています。

vSphere HA クラスタの要件

vSphere HA クラスタをセットアップする前に、このリストを参照してください。詳細については、該当するクロス リファレンス、または vSphere HA クラスタの作成 を参照してください。

  • すべてのホストに vSphere HA のライセンスがある。

  • クラスタ内に少なくとも 2 台のホストがある。

  • すべてのホストが、固定 IP アドレスを使用して構成されている。DHCP を使用している場合は、再起動しても各ホストのアドレスが変わらないことを確認する必要があります。

  • ホスト全体で共通の管理ネットワークが少なくとも 1 つ必要で、ベスト プラクティスとしては、少なくとも 2 つの管理ネットワークを持っておきます。管理ネットワークは、使用しているホストのバージョンによって異なります。

    • ESX ホスト: サービス コンソール ネットワーク。

    • バージョン 4.0 よりも前の ESXi ホスト: VMkernel ネットワーク。

    • ESXi ホスト バージョン 4.0 およびそれ以降の ESXi ホスト:管理トラフィック チェック ボックスが有効になっている VMkernel ネットワーク。

    ネットワークのベスト プラクティス を参照してください。

  • クラスタ内の任意のホストで任意の仮想マシンを確実に実行できるようにするために、すべてのホストから同じ仮想マシン ネットワークおよびデータストアにアクセスできる必要があります。同様に、仮想マシンはローカル以外の共有ストレージに配置する必要があります。共有できない場合は、ホストの障害時に仮想マシンはフェイルオーバーされません。

    注:

    vSphere HA は、データストア ハートビートを使用して、パーティション化されたホスト、隔離されたホスト、および障害のあるホストを区別します。したがって、信頼性の高いデータストアが環境に存在する場合は、それを参照するように vSphere HA を構成します。

  • 仮想マシンの監視が機能するために、VMware Tools がインストールされている。仮想マシンとアプリケーションの監視 を参照してください。

  • vSphere HA は IPv4 および IPv6 の両方をサポートしています。ただし、両方のバージョンのプロトコルが混在しているクラスタでは、ネットワーク パーティションが生じる可能性が高まります。