仮想マシンの監視機能は、VMware Tools がゲスト OS の可用性を確認するためにプロキシとして取得するハートビート情報を使用します。 この機能によって、vSphere HA は、ハートビートを送信できなくなった個々の仮想マシンをリセットまたは再起動できます。

このタスクについて

仮想マシンの監視ページは、vSphere HA を有効にした場合のみ表示されます。

手順

  1. vSphere Web Client で、vSphere HA クラスタに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [設定] で vSphere HA を選択し、編集 ボタンをクリックします。
  4. 仮想マシンの監視 を展開して構成オプションを表示します。
  5. 仮想マシンの監視のみ を選択し、仮想マシンのハートビートを設定した時間内に受信できなくなった場合に、その仮想マシンを個別に再起動します。

    仮想マシンとアプリケーションの監視 を選択すると、アプリケーションの監視も有効にできます。

  6. 仮想マシンの監視感度は、 および の間のスライダを移動して設定します。
  7. (オプション) : カスタム設定を行う場合は カスタム を選択します。
  8. [ OK] をクリックします。