vSphere HA のクラスタを作成したり既存のクラスタを構成したりする場合は、機能の動作方法を決める設定を構成する必要があります。

vSphere Web Client では、vSphere HA の次の設定を構成できます。

ホストの監視

ホスト監視を有効にして、クラスタのホストがネットワークのハートビートを相互に送信できるようにし、障害を検出した場合は vSphere HA が動作できるようにします。 ここでは、仮想マシン再起動の優先順位とホスト隔離時の対応も設定できます。

注:

vSphere Fault Tolerance リカバリ プロセスが正常に機能するには、ホスト監視が必要です。

アドミッション コントロール

vSphere HA クラスタに対してアドミッション コントロールを有効または無効にしたり、アドミッション コントロールをどのように実行するかのポリシーを選択したりします。

仮想マシンの監視

仮想マシンの監視または仮想マシンとアプリケーションの監視を有効にします。

データストア ハートビート

vSphere HA がデータストア ハートビートに使用するデータストアの環境設定を指定します。

詳細オプション

詳細オプションを設定して、vSphere HA の動作をカスタマイズします。