vSphere HA クラスタの動作に影響を与える詳細属性を設定できます。

表 1. vSphere HA の詳細属性

属性

説明

das.isolationaddress[...]

ホストがネットワークから隔離されているかどうかを判断するために ping するアドレスを設定します。このアドレスは、クラスタ内でほかのどのホストからもハートビートが受信されない場合のみ ping されます。このアドレスが指定されていない場合は、管理ネットワークのデフォルト ゲートウェイが使用されます。ネットワークから隔離されているかどうかをホスト自身で判断できるように、このデフォルト ゲートウェイは、使用可能で信頼性の高いアドレスでなければなりません。クラスタには複数の隔離アドレス (10 個まで) を指定できます: das.isolationaddressX (X は 0 ~ 9)。通常は、管理ネットワークごとに 1 つのアドレスを指定してください。アドレスを指定する数が多すぎると、隔離の検出に時間がかかります。

das.usedefaultisolationaddress

デフォルトでは、vSphere HA はコンソール ネットワークのデフォルト ゲートウェイを隔離アドレスとして使用します。デフォルトが使用されるかどうかをこの属性で指定します (true または false)。

das.isolationshutdowntimeout

システムは、この時間、仮想マシンがシャットダウンするのを待ってからパワーオフします。これはホストの隔離時の対応が、仮想マシンのシャットダウンの場合のみ適用されます。デフォルト値は 300 秒です。

das.slotmeminmb

メモリ スロット サイズの上限を定義します。このオプションが使用されると、スロット サイズは、この値、またはクラスタ内でパワーオン状態になっているあらゆる仮想マシンの最大メモリ予約にメモリ オーバーヘッドを加えた値よりも小さくなります。

das.slotcpuinmhz

CPU スロット サイズの上限を定義します。このオプションが使用されると、スロット サイズは、この値、またはクラスタ内でパワーオン状態になっているあらゆる仮想マシンの最大 CPU 予約よりも小さくなります。

das.vmmemoryminmb

メモリ予約が指定されていない、またはゼロの場合に、仮想マシンに割り当てるデフォルトのメモリ リソース値を定義します。これは、クラスタで許容するホスト障害アドミッション コントロール ポリシーで使用されます。値が指定されていない場合、デフォルトは 0 MB になります。

das.vmcpuminmhz

CPU 予約が指定されていない、またはゼロの場合に、仮想マシンに割り当てるデフォルトの CPU リソース値を定義します。これは、クラスタで許容するホスト障害アドミッション コントロール ポリシーで使用されます。値が指定されていない場合、デフォルトは 32MHz になります。

das.iostatsinterval

仮想マシンの監視感度に対するデフォルトの I/O 統計間隔を変更します。デフォルトは 120 (秒) です。0 以上の任意の値を設定できます。0 に設定した場合は、チェックが行われません。

das.ignoreinsufficienthbdatastore

ホストに vSphere HA 用の十分なハートビート データストアがない場合、作成された構成の発行を無効にします。デフォルト値は false です。

das.heartbeatdsperhost

データストアが必要とするハートビート数を変更します。有効値は 2~5 の範囲で、デフォルトは 2 です。

fdm.isolationpolicydelaysec

ホストが隔離されていると判断された場合に、隔離ポリシーを実行する前にシステムが待機する秒数。最小値は 30 です。30 未満の値に設定しても、遅延時間は 30 秒になります。

das.respectvmvmantiaffinityrules

vSphere HA によって VM-VM 非アフィニティ ルールが強制されるかどうかを決定します。デフォルト値は 「false」 であり、ルールは強制されません。「true」 に設定して、(vSphere DRS が有効になっていない場合でも) ルールを強制させることもできます。この場合、vSphere HA は仮想マシンをフェイルオーバーするとルールに反する場合はフェイルオーバーを実行しませんが、フェイルオーバーを実行するためのリソースが不足していることを報告するイベントを発行します。

非アフィニティ ルールの詳細については、『vSphere リソース管理ガイド』 を参照してください。

注:

次の詳細属性のいずれかの値を変更する場合は、変更を有効にする前に、vSphere HA をいったん無効にして、もう一度有効化する必要があります。

  • das.isolationaddress[...]

  • das.usedefaultisolationaddress

  • das.isolationshutdowntimeout

サポートされなくなったオプション

vCenter Server 5.x では、vSphere HA 用の多数の詳細構成オプションがサポートされなくなりました。次のオプションは現在サポートされていません。

  • das.consoleUser

  • das.consoleNode

  • das.consolePerm

  • das.primaryCount

  • das.checkVmStateDelay

  • das.trace

  • das.traceLevel

  • das.traceOutput

  • das.preferredPrimaries

  • das.disableUWSwapRequirement

  • das.sensorPollingFreq

  • das.bypassNetCompatCheck

  • das.defaultfailoverhost

  • das.failureDetectionTime

  • das.failureDetectionInterval

サポートされなくなったオプションのいずれかの設定を試みた場合、vCenter Server でオプションが無効であることを示すレポートが出力されます。また、これらのオプションが定義されている以前のバージョンから vCenter Server 5.x にアップグレードした場合、それらは削除され、有効ではなくなります。