ホストで障害が発生してその仮想マシンを再起動する必要がある場合、仮想マシン再起動の優先順位の設定によって再起動を行う順序を制御できます。また、ホスト隔離時の対応設定を使用して、ホストがほかのホストとの管理ネットワークの接続が失われた場合の vSphere HA の対応を構成することもできます。

これらの設定は、ホストで障害が発生した場合、またはホストが隔離された場合に、クラスタ内のすべての仮想マシンに対して適用されます。特定の仮想マシンに対して例外を設定することも可能です。vSphere Web Client での個々の仮想マシンのカスタマイズ を参照してください。

仮想マシン再起動の優先順位

仮想マシン再起動の優先順位は、ホストで障害が発生したあとで仮想マシンが新しいホストに配置される相対的な順序を決定します。そうした仮想マシンは、優先順位の高い仮想マシンから優先順位の低い仮想マシンへと再起動され、すべての仮想マシンが再起動されるか、クラスタのリソースに余裕がなくなるまで試行されます。vSphere HA が優先順位の高い仮想マシンをパワーオンするのに失敗した場合、優先順位の低い仮想マシンのパワーオンを続行しようとする点に注意してください。そのため、仮想マシン再起動の優先順位を使用して、複数の仮想マシン アプリケーションの再起動の優先順位を強制的に実行することはできません。また、ホストの障害数がアドミッション コントロールで許可している値を超えた場合、再起動の優先順位が低い仮想マシンは、使用可能なリソースが増えるまで再起動されない可能性もあります。仮想マシンは、フェイルオーバー ホストが指定されている場合、そこで再起動されます。

この設定の値は、次のとおりです。 無効、低、中 (デフォルト)、および高。無効を選択すると、仮想マシンに対して vSphere HA が無効になります。これは、ESXi ホストで障害が発生した場合に、仮想マシンがほかの ESXi ホストで再起動されないことを意味します。無効を選択しても、vSphere HA の仮想マシンとアプリケーションの監視機能で無視されます。これは、この機能により、仮想マシンの障害ではなくオペレーティング システム レベルの障害に対して仮想マシンが保護されるからです。オペレーティング システム レベルの障害が発生すると、vSphere HA によってオペレーティング システムが再起動され、仮想マシンは同じホストで稼動したままになります。この設定は、仮想マシンごとに変更できます。

注:

仮想マシンをリセットすると、ゲスト OS が強制的に再起動されますが、仮想マシンは電源サイクルされません。

仮想マシン再起動の優先順位設定は、ユーザーのニーズによって異なります。最も重要なサービスを提供する仮想マシンに、最も高い再起動の優先順位を割り当てます。

たとえば、多重階層のアプリケーションでは、仮想マシン上にホストされている機能に応じて、割り当てをランク付けすることができます。

  • 高:アプリケーションにデータを提供するデータベース サーバ。

  • 中:データベースのデータを消費し、その結果を Web ページに提供するアプリケーション サーバ。

  • 低:ユーザー要求を受け取り、問い合わせをアプリケーション サーバに渡して、その結果をユーザーに戻す Web サーバ。

ホストの隔離時の対応

ホスト隔離時の対応により、vSphere HA クラスタ内のホストの管理ネットワーク接続が切断されたときに実行が継続されている場合にどうするかが決まります。隔離時の対応を使用して、隔離状態にあるホストで実行されている仮想マシンを vSphere HA でパワーオフし、隔離状態にないホストで再起動することができます。ホスト隔離時の対応では、ホスト監視ステータスを有効にする必要があります。ホスト監視ステータスが無効になっていると、ホスト隔離時の対応もサスペンドされます。ホストは、他のホストで実行中のエージェントと通信できず、隔離アドレスに ping できないときに、自身が隔離されていると判断します。ホストが隔離されると、ホストは隔離時の対応を実行します。具体的には、パワーオンのままにする (デフォルト)、パワーオフ後フェイルオーバー、およびシャットダウン後フェイルオーバーという対応があります。個々の仮想マシンのこのプロパティはカスタマイズできます。

注:

仮想マシンで再起動の優先順位設定が無効になっていると、ホスト隔離時の対応は行われません。

仮想マシンをシャットダウンする設定を使用するには、仮想マシンのゲスト OS に VMware Tools をインストールする必要があります。仮想マシンをシャットダウンすることには、仮想マシンの状態を保存できるというメリットがあります。ディスクへの最新の変更がフラッシュされず、トランザクションがコミットされないため、仮想マシンのシャットダウンはパワーオフよりも優れています。シャットダウン途中の仮想マシンは、シャットダウンが完了するまでフェイルオーバーに時間がかかります。300 秒以内または詳細属性 das.isolationshutdowntimeout で指定した秒数以内にシャットダウンしない仮想マシンは、パワーオフされます。

注:

vSphere HA クラスタを作成したあとで、特定の仮想マシンの再起動優先順位および隔離時の対応についてデフォルトのクラスタ設定をオーバーライドできます。このようなオーバーライドは、特別なタスクで使用される仮想マシンでは非常に便利です。たとえば、DNS や DHCP などのインフラストラクチャ サービスを提供する仮想マシンは、クラスタ内のほかの仮想マシンより前にパワーオンする必要があることがあります。

ホスト隔離時の対応が無効 (隔離時に仮想マシンをパワーオンにしたまま) で、管理ネットワークおよびストレージ ネットワークにアクセスできなくなった場合、「スプリット ブレーン」状態が発生することがあります。このケースでは、隔離されたホストはディスク ロックを失い、仮想マシンの元のインスタンスが隔離されたホストで実行中のままでも、仮想マシンは他のホストにフェイル オーバーされます。ホストが仮想マシンのデータストアに再びアクセスできるようになると、仮想マシンが 2 コピーあることになりますが、元の隔離されたホスト上のコピーは vmdk ファイルにアクセスできず、データは破損しません。

この状態を修復するために、ESXi は、ディスク ロックを失った仮想マシンについて、ホストがいつ隔離から脱出してディスク ロックを再取得できないことに気づいたかという質問を作成します。vSphere HA は自動的にこの質問に回答し、ディスク ロックを失った仮想マシンのインスタンスはパワーオフし、ディスク ロックを所有するインスタンスはそのままにします。