新規仮想マシンの作成 ウィザードを使用して、vSphere インベントリに配置する仮想マシンを作成します。このウィザードは、vSphere Client から開きます。

始める前に

次の権限があることを確認します。

  • ホスト > ローカル操作 > 仮想マシンの作成

  • 仮想マシン > インベントリ > 新規作成 (ターゲットのフォルダまたはデータ センターが対象)。

  • 仮想マシン > 構成 > 新規ディスクの追加 (新しいディスクを追加する場合は、ターゲットのフォルダまたはデータ センターが対象)。

  • 仮想マシン > 構成 > 既存ディスクの追加 (既存のディスクを追加する場合は、ターゲットのフォルダまたはデータ センターが対象)。

  • 仮想マシン > 構成 > Raw デバイス (RDM または SCSI パススルー デバイスを使用する場合は、ターゲットのフォルダまたはデータ センターが対象)。

  • 仮想マシン > 構成 > ネットワーク

  • リソース > 仮想マシンのリソース プールへの割り当て (ターゲットのホスト、クラスタ、またはリソース プールが対象)。

  • データストア > 領域の割り当て (ターゲット データストアまたはデータストア フォルダが対象)。

  • ネットワーク > ネットワークの割り当て (仮想マシンを割り当てるネットワークが対象)。

このタスクについて

新規仮想マシン ウィザードで選択した内容は、終了準備の完了ページで 終了 をクリックするまで保存されません。すべてのタスクを完了せずにウィザードをキャンセルした場合は、中断した場所からウィザードを再開することはできません。新たに作成タスクを開始する必要があります。

新しい仮想マシンは、データセンター、ホスト、クラスタ、リソース プール、または仮想マシン フォルダに作成できます。

手順

  1. vSphere Client で、ホストおよびクラスタ ビューまたは 仮想マシンおよびテンプレート ビューを使用してインベントリ オブジェクトを表示します。
  2. オブジェクトを右クリックし、新規 > 仮想マシン を選択します。

    新規仮想マシン ウィザードが開きます。

次のタスク

新規仮想マシン ウィザードで、標準 または カスタム 構成オプションを選択します。