CPU 識別 (CPU ID) マスクは、仮想マシンのゲスト OS から認識される CPU 機能を制御します。CPU 機能をマスクまたは非表示にすると、幅広い ESXi ホストを仮想マシンの移行に使用できるようになります。vCenter Server は、仮想マシンが使用できる CPU 機能をターゲット ホストの CPU 機能と比較して、vMotion での移行を許可するかどうかを決定します。

始める前に

  • vSphere Client のインベントリ リストにある仮想マシンにアクセスできることを確認します。

  • 仮想マシンをパワーオフします。

このタスクについて

たとえば、AMD No eXecute (NX) ビットと Intel eXecute Disable (XD) ビットをマスクすると、仮想マシンがこれらの機能を使用できなくなりますが、この機能を持たない ESXi ホストへの仮想マシンの移行が可能になるという互換性が得られます。NX/ND ビットがゲスト OS から認識されると、仮想マシンでこの機能を使用できますが、その仮想マシンを移行できるのはその機能に対応したホストだけになります。

注:

まれに、CPU 識別マスクの構成設定の変更が必要になることがあります。ほとんどすべての変更が、NX/XD ビットに対してのみ行われます。

vMotion の互換性と CPU マスクの詳細については、『vCenter Server and Host Management』 ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Client のインベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. オプション タブをクリックし、詳細CPUID マスク を選択します。
  3. CPU 識別マスク パネルで、NX フラグ オプションを選択します。

    オプション

    説明

    NX/XD フラグをゲストに非表示

    vMotion の互換性が向上します。

    NX/XD フラグを隠すと、ホスト間での vMotion の互換性が向上しますが、一部の CPU セキュリティ機能が無効になる可能性があります。

    NX/XD フラグをゲストに表示

    すべての CPU セキュリティ機能を有効にします。

    NX/XD フラグの現在の詳細設定の値を維持

    CPU 識別マスク ダイアログ ボックスで指定した NX/XD フラグの設定を使用します。現在の設定で、ほかの NX/XD フラグ オプションで指定された値とは異なる値を指定している場合 (NX/XD フラグ ビット設定がプロセッサ製品によって異なる場合など) にかぎり、有効にすることができます。

  4. (オプション) : NX ビット以外のマスク値を編集する場合、または 「0」 や 「H」 以外の値を NX マスク値に設定する場合は、詳細 をクリックします。
    1. 関連するタブを選択します。
    2. 列をクリックし、マスク値を編集します。

      値記号の説明については、凡例 をクリックしてください。

    3. OK をクリックして変更を適用し、仮想マシンのプロパティ ダイアログ ボックスに戻ります。
  5. OK をクリックして、変更内容を保存します。