メモリのホット アドでは、仮想マシンがパワーオン状態のまま、仮想マシンのメモリ リソースを追加できます。

始める前に

  • 仮想マシンのゲスト OS が、メモリのホット アド機能をサポートしている。

  • 仮想マシンが使用するハードウェア バージョンが 7 以降である。

  • VMware Tools がインストールされました。

手順

  1. vSphere Client のインベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. オプション タブをクリックし、詳細メモリ/CPU ホットプラグ を選択します。
  3. メモリのホット アドを有効または無効にします。
    • この仮想マシンでのメモリのホット アドを有効にする

    • この仮想マシンでのメモリのホット アドを無効にする

  4. OK をクリックして、変更内容を保存します。