仮想マシンは仮想 SCSI コントローラを使用して仮想ディスクにアクセスします。仮想マシンが仮想 SCSI コントローラのいずれかを経由してアクセスできる各仮想ディスクは、VMFS データストア、NFS ベースのデータストア、または Raw ディスクにあります。どの SCSI コントローラを選択しても、仮想ディスクが IDE ディスクであるか SCSI ディスクであるかには影響しません。

このタスクについて

ウィザードでは、ゲスト OS ページで選択したゲスト OS に基づいて、正しいデフォルト コントローラが事前に選択されます。

LSI Logic SAS コントローラおよび VMware 準仮想化コントローラは、ハードウェア バージョン 7 以降の仮想マシンでのみ使用できます。使用条件や制限事項を含む、VMware 準仮想化コントローラの詳細については、VMware 準仮想化 SCSI コントローラについて を参照してください。

スナップショットがあるディスクは、LSI Logic SAS コントローラおよび LSI Logic パラレル コントローラでパフォーマンスが向上しないことがあります。

手順

  1. 新規仮想マシン ウィザードの SCSI コントローラ ページで、デフォルト値を受け入れるか、SCSI コントローラ タイプを選択します。
    • BusLogic パラレル

    • LSI Logic パラレル

    • LSI Logic SAS

    • VMware 準仮想化

  2. 次へ をクリックします。

    ディスクの選択ページが開きます。

次のタスク

ゲスト OS のファイルとデータを格納するディスクを選択します。