使用可能なリソース容量がリソースの消費者 (および仮想化オーバーヘッド) の需要を満たさない場合、管理者は、仮想マシンまたは仮想マシンが配置されているリソース プールに割り当てるリソースの量をカスタマイズする必要がある場合があります。

リソース割り当て設定 (シェア、予約、制限) は、仮想マシンに提供する CPU、メモリ、およびストレージ リソースの量を決定するために使用します。特に、システム管理者にはリソース割り当てのオプションがいくつかあります。

  • ホストまたはクラスタの物理リソースを予約する。

  • 仮想マシン用の一定のメモリ量が、ESXi マシンの物理メモリから提供されるようにする。

  • 特定の仮想マシンに、常にほかの仮想マシンより高い割合の物理リソースが割り当てられることを保証する。

  • 仮想マシンに割り当てることができるリソースの上限を設定する。