仮想ディスクを作成するときに、サイズ、フォーマット、クラスタリング機能などのディスク プロパティを指定できます。

このタスクについて

ディスク タイプの詳細については、仮想ディスクのプロビジョニング ポリシーについて を参照してください。

手順

  1. 新規仮想マシン ウィザードのディスクの作成ページで、ディスク サイズを選択します。

    あとでディスク サイズを増やすことも、仮想マシンのプロパティ ダイアログ ボックスでディスクを追加することもできます。

  2. 仮想マシンのディスク用のフォーマットを選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    操作

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているあらゆるデータは、作成中には消去されませんが、あとで仮想マシンにはじめて書き込むときにオン デマンドで消去されます。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック ディスクを作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。フラット フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは、作成時に消去されます。ほかのタイプのディスクに比べて、ディスクの作成に非常に長い時間がかかることがあります。

    シン プロビジョニング

    シン プロビジョニング フォーマットを使用します。最初、シン プロビジョニング ディスクは、そのディスクが初期に必要とする領域のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になると、そこに割り当てられている最大容量まで拡張できます。

  3. 仮想ディスク ファイルを格納する場所を選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    仮想マシンで保存

    構成および他の仮想マシン ファイルとともに、ファイルが保存されます。このオプションを選択すると、ファイル管理が容易になります。

    データストアまたはデータストア クラスタの指定

    ファイルをほかの仮想マシン ファイルとは別に保存します。

    詳細オプション ページが開きます。

  4. デフォルトをそのまま使用するか、別の仮想デバイス ノードを選択します。

    ほとんどの場合、デフォルトのデバイス ノードをそのまま使用できます。ハード ディスクの場合は、起動順序を制御したり異なる SCSI コントローラ タイプを使用したりする際に、デフォルト以外のデバイス ノードが役立ちます。たとえば、LSI Logic コントローラから起動し、バスの共有を有効にした BusLogic コントローラを使用してデータ ディスクを別の仮想マシンと共有できます。

  5. (オプション) : ディスクがスナップショットの影響を受ける方法を変更するには、独立 をクリックし、オプションを選択します。

    オプション

    説明

    独立型:通常

    通常モードのディスクは、物理コンピュータ上の従来のディスクと同様に動作します。通常モードのディスクに書き込まれたすべてのデータは、永続的にこのディスクに書き込まれます。

    独立型:読み取り専用

    読み取り専用モードのディスクへの変更は、仮想マシンをパワーオフまたはリセットしたときに破棄されます。読み取り専用モードでは、仮想マシンを再起動するときに仮想ディスクが常に同じ状態になります。ディスクへの変更は REDO ログ ファイルに書き込まれ、このファイルから読み取られます。REDO ログ ファイルはパワーオフまたはリセット時に削除されます。

  6. 次へ をクリックします。

    変更内容が記録され、終了準備の完了ページが開きます。

次のタスク

仮想マシンに対する選択内容を、終了準備の完了ページで確認します。