動的検出では、イニシエータが指定された iSCSI ストレージ システムに接続するたびに、SendTargets 要求がシステムに送信されます。iSCSI システムは、使用可能なターゲットのリストをイニシエータに提供することで応答します。

このタスクについて

必要な権限: ホスト > 構成 > ストレージ パーティション構成

動的検出を設定する際に行えるのは、新しい iSCSI システムを追加することだけです。既存の iSCSI システムの IP アドレス、DNS 名、またはポート番号は変更できません。これらを変更するには、既存のシステムを削除してから新しく追加します。

手順

  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからホストを選択します。
  2. 構成 タブをクリックして、ハードウェア パネルの ストレージ アダプタ をクリックします。

    利用可能なストレージ アダプタのリストが表示されます。

  3. 構成 タブをクリックして、ハードウェア パネルの ストレージ アダプタ をクリックします。

    利用可能なストレージ アダプタのリストが表示されます。

  4. 構成する iSCSI イニシエータを選択し、プロパティ をクリックします。
  5. 動的検出 タブをクリックします。
  6. SendTargets の検出にアドレスを追加するには、追加 をクリックします。
  7. ストレージ システムの IP アドレスまたは DNS 名を入力し、OK をクリックします。

    ホストがこのシステムで SendTargets セッションを確立すると、新しく検出されたターゲットがすべて静的検出リストに表示されます。

  8. 特定の SendTargets サーバを削除するには、それを選択して 削除 をクリックします。

    SendTargets サーバを削除したあとでも、静的ターゲットの親として継承フィールドに表示されたままになる場合があります。この項目は静的ターゲットがどこで検出されていたかを示すだけで、機能には影響しません。

次のタスク

iSCSI アダプタに動的検出を構成したあと、アダプタを再スキャンします。