終了準備の完了ページで、仮想マシンに対して選択した構成を確認できます。既存の設定の変更、リソースの構成、ハードウェアの追加などを行うことができます。

このタスクについて

ウィザードの完了前または完了後に、仮想マシンの設定を追加で構成できます。

手順

  1. 新規仮想マシン ウィザードの終了準備の完了ページで、仮想マシンの構成設定を確認します。
  2. (オプション) : 完了前に仮想マシンの設定を編集 を選択し、続行 をクリックします。

    仮想マシンのプロパティ エディタが開きます。変更を完了して 終了 をクリックすると、仮想マシンのプロパティ エディタと新規仮想マシン ウィザードの両方が閉じます。キャンセル をクリックしないかぎり、前に戻ってウィザードの設定を確認することはできません。

  3. (オプション) : 前に戻ってウィザードの設定を確認するには、キャンセル をクリックします。
  4. 作成タスクを完了してウィザードを閉じるには、終了 をクリックします。

タスクの結果

vSphere Client の インベントリ ビューに仮想マシンが表示されます。

次のタスク

新しい仮想マシンを使用するには、仮想ドライブをパーティショニングしてフォーマットし、ゲスト OS および VMware Tools をインストールする必要があります。通常は、オペレーティング システムのインストール プログラムによって、仮想ドライブのパーティショニングとフォーマットが行われます。