ESXi は、仮想マシンが仮想化に対するハードウェア サポートを使用するかどうかを決定できます。この決定は、プロセッサ タイプと仮想マシンに基づいて行われます。自動で選択したものをオーバーライドすると、パフォーマンスを向上できる場合があります。

手順

  1. vSphere Client のインベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. オプション タブをクリックし、詳細CPU/MMU 仮想化 を選択します。
  3. 命令セットを選択します。
    • 自動

    • ソフトウェア仮想化のみの使用

    • CPU 仮想化のみへのハードウェア サポート (VT/AMD-V) の使用

    • CPU および MMU 仮想化の両方へのハードウェア サポート (VT/AMD-V および EPT/RVI) の使用

  4. OK をクリックして、変更内容を保存します。