データストアとは、ファイル システムに似た論理コンテナで、各ストレージ デバイスの仕様を隠し、仮想マシン ファイルを格納するための一貫したモデルを提供します。データストアは、ISO イメージ、仮想マシン テンプレート、およびフロッピー イメージの格納にも使用できます。

vSphere Client を使用して、ESXi ホストが検出したさまざまなタイプのストレージ デバイスにアクセスし、その上にデータストアをデプロイします。

使用するストレージのタイプによって、次のファイル システム フォーマットでデータストアをバックアップできます。

  • 仮想マシン ファイル システム (VMFS)

  • ネットワーク ファイル システム (NFS)

データストアの作成後は、作成したデータストアをさまざまな方法で編成できます。たとえば、業務の内容に応じて、データストアをフォルダにグループ化できます。これにより、グループ内のデータストアに対して同じ権限およびアラームを同時に割り当てることができます。

データストアはデータストア クラスタに追加することもできます。データストア クラスタは、リソースと管理インターフェイスが共有されたデータストアの集まりです。データストア クラスタを作成すると、ストレージ DRS を使用してストレージ リソースを管理できます。データストア クラスタの詳細については、『vSphere リソース管理』 ドキュメントを参照してください。