CPU リソースを追加、変更、または構成し、仮想マシンのパフォーマンスを向上できます。ほとんどの CPU パラメータは、仮想マシンの作成中にも、ゲスト OS のインストール後にも設定できます。操作によっては、仮想マシンをパワーオフしないと設定を変更できないものがあります。

VMware では次の用語が使用されます。これらの用語を理解しておくと、CPU リソースの割り当て方式の計画に役立ちます。

CPU

CPU またはプロセッサは、コンピュータ プログラムの命令を実行するコンピュータ システムの一部であり、コンピュータの機能を実行する主な要素です。CPU にはコアが含まれています。

CPU ソケット

1 つの物理 CPU を取り付けるための、コンピュータのマザーボード上の物理コネクタです。多くのマザーボードには複数のソケットが搭載され、さらにマルチコア プロセッサ (CPU) を取り付けることができます。vSphere Client では、選択する仮想ソケット数およびソケットあたりのコア数から、仮想マシンに渡すためのコアの総数が計算されます。vSphere Web Client では、選択するコア数およびソケットあたりのコア数から、仮想ソケットの総数が計算されます。

コア

L1 キャッシュおよびプログラムの実行に必要な機能ユニットが含まれたユニットを構成します。コアはプログラムまたはスレッドを独立して実行できます。1 つの CPU に複数のコアを搭載できます。

コアレット

AMD プロセッサ コアレットは、設計上は論理プロセッサと同一です。今後発表される一部の AMD プロセッサは、 いくつかの演算ユニットから成り、各演算ユニットは複数のコアレットで構成されます。従来のプロセッサ コアとは異なり、コアレットには、専用のプライベートな実行リソースが完全に揃ってはいません。L1 命令キャッシュや浮動小数点の実行ユニットなど、一部の実行リソースは、ほかのコアレットと共有されます。AMD ではコアレットをコアと呼びますが、これらは従来のコアとは異なるため、VMware では 「コアレット」 という名前を使用して、リソースが共有されることを明確に示します。

スレッド

複数のコアで、インストラクションの独立したストリームを同時に実行できます。既存の実装では、必要に応じてソフトウェア スレッド間でコアの機能ユニットを多重化することによって、コアで一度に 1 つまたは 2 つのソフトウェア スレッドを実行できます。このようなコアはデュアルまたはマルチスレッドと呼びます。

リソース共有

シェアは、仮想マシン (またはリソース プール) の相対的な優先順位または重要度を指定します。ある仮想マシンのリソースのシェアが別の仮想マシンの 2 倍である場合、その仮想マシンは、別の仮想マシンの 2 倍のリソースを消費できます (2 台の仮想マシンがリソースを獲得するために競合する場合)。

リソースの割り当て

使用可能なリソース容量が需要を満たさない場合、共有、予約、制限などの CPU リソース割り当て設定を変更できます。たとえば、年末に経理のワークロードが増加した場合は、経理のリソース プールの予約量を増加できます。

vSphere Virtual SMP (Virtual Symmetric Multiprocessing)

単一の仮想マシンで複数のコアを使用できるようにする機能です。