仮想マシンが稼動しているホストに物理デバイスが接続されている場合、1 つ以上の USB パススルー デバイスを ESXi ホストから仮想マシンに追加できます。

始める前に

  • 仮想マシンがハードウェア バージョン 7 を使用していることを確認します。

  • USB コントローラがあることを確認します。vSphere Client での、仮想マシンへの USB コントローラの追加 を参照してください。

  • vMotion を使用して、複数の USB デバイスを備えた仮想マシンを移行するには、接続されているすべての USB デバイスで vMotion を有効にする必要があります。USB デバイスを個別に移行することはできません。

  • ホスト上の USB CD/DVD ドライブをベースとする CD/DVD-ROM ドライブを追加する場合は、そのドライブを SCSI デバイスとして追加する必要があります。SCSI デバイスのホット アドおよびホット リムーブはサポートされていません。

  • USB デバイスに関する仮想マシンの要件を把握していることを確認します。ESXi ホストから仮想マシンへの USB 構成 を参照してください。

  • 必要な権限: 仮想マシン > 構成 > ホスト USB デバイス

このタスクについて

USB デバイスがほかの仮想マシンに接続されている場合、デバイスがその仮想マシンから解放されるまで追加できません。

注:

環境内に Apple フロントパネル コントローラがある場合、仮想マシンに安全に追加できます。ただし、このデバイスには実証済みの機能または既知の用途はありません。ESXi ホストでは、このデバイスを使用していません。また、USB パススルー用の Xserver 機能を提供していません。

手順

  1. vSphere Client のインベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. ハードウェア タブをクリックして、追加 をクリックします。
  3. USB デバイス を選択し、次へ をクリックします。
  4. (オプション) : デバイスが接続されているときに vMotion をサポートします を選択します。
  5. USB デバイスを接続したまま仮想マシンを移行する計画がない場合は、vMotion をサポート オプションを選択解除します。

    これによって移行に伴う複雑性が軽減され、パフォーマンスと安定性が向上します。

  6. 追加するデバイスを選択します。

    複数の USB デバイスを追加できますが、一度に追加できるデバイスは 1 つだけです。

  7. 終了 をクリックします。

    ハードウェア リスト内で、新規 USB デバイス (追加中)あり と表示されます。

  8. OK をクリックして、変更内容を保存します。

タスクの結果

プロパティ エディタを再度開くと、USB デバイスがプロパティ エディタの ハードウェア タブに表示されます。右側のペインに、デバイス タイプおよび ID が表示されます。