vSphere Client をホストに直接接続すれば、ハイパースレッドの設定、電力管理の構成、スワップファイル プロパティなどの一部のリソース管理設定にアクセスできるようになります。