ESXi ホストに複数の USB デバイスを接続すると、ホストで実行される仮想マシンがそのデバイスにアクセスできるようになります。接続できるデバイスの数は、デバイスとハブの接続方法やデバイス タイプなど、いくつかの要因によって異なります。

始める前に

  • ホストに USB デバイスが接続され、そのホストで DPM が有効な状態で DRS クラスタ内に配置されている場合、ホストの DPM を無効にしてください。各ホストのデフォルトの DPM 設定を上書きする方法については、『vSphere リソース管理』(英語版) を参照してください。

  • USB デバイスに関する仮想マシンの要件を把握していることを確認します。ESXi ホストへの USB デバイスの接続 を参照してください。

  • USB CD/DVD-ROM デバイスを追加する前に、ESXi ホストがパワーオフされていることを確認します。

このタスクについて

ESXi ホストには、複数の USB ポートがあります。各ホストのポート数は、ホストの物理構成によります。ハブのチェーン接続の深さを計算する場合、通常のサーバでは前面のポートは内部のハブに接続されている点に注意してください。

USB アービトレータは最大 15 個の USB コントローラを監視できます。上限である 15 個を超えるコントローラがシステムに存在し、それに USB デバイスを接続した場合、デバイスは仮想マシンで使用できません。

ホストでは USB CD/DVD-ROM デバイスを SCSI デバイスとして扱います。これらのデバイスのホット アドおよびホット リムーブはサポートされていません。

手順

ESXi ホストに USB デバイスを追加するには、利用可能なポートまたはハブにデバイスを接続します。

タスクの結果

仮想マシンのハードウェアの追加ウィザードのデバイス リストに、USB デバイスが表示されます。

次のタスク

これで、仮想マシンにデバイスを追加できます。