依存型ハードウェア iSCSI アダプタを表示して、それが正しくロードされていることを確認します。

始める前に

必要な権限: Host > 構成 > ストレージ パーティション構成

このタスクについて

依存型ハードウェア アダプタがストレージ アダプタのリストに表示されない場合、ライセンスが必要かどうか確認する必要があります。ベンダーのドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからホストを選択します。
  2. 構成 タブをクリックして、ハードウェア パネルの ストレージ アダプタ をクリックします。

    依存型ハードウェア iSCSI アダプタがインストールされている場合は、ストレージ アダプタのリストで Broadcom iSCSI アダプタなどのカテゴリに表示されます。

  3. 表示するアダプタを選択して、プロパティ をクリックします。

    iSCSI イニシエータのプロパティ ダイアログ ボックスが開きます。iSCSI 名、iSCSI エイリアス、およびそのステータスを含む、アダプタのデフォルトの詳細が表示されます。

  4. (オプション) : デフォルトの iSCSI 名を変更する場合は、構成 をクリックします。

次のタスク

依存型 iSCSI アダプタはデフォルトで有効になっていますが、機能させるためには、iSCSI トラフィックのネットワークを設定し、アダプタを適切な VMkernel iSCSI ポートにバインドする必要があります。そのあとで、検出アドレスと CHAP パラメータを構成します。