VMFS データストアのコピーに再署名する必要がない場合、その署名を変えずにマウントできます。

始める前に

VMFS データストアをマウントする前に、ホストでストレージの再スキャンを行なって、提供されている LUN の表示を更新します。

このタスクについて

ディザスタ リカバリ プランの一環として、仮想マシンの同期済みコピーをセカンダリ サイトで管理する場合などは、署名を維持できます。プライマリ サイトでディザスタが発生した場合は、セカンダリ サイトでデータストアのコピーをマウントして仮想マシンをパワーオンします。

重要:

VMFS データストアのコピーをマウントできるのは、同じ UUID を持った元の VMFS データストアと競合しない場合だけです。コピーをマウントするには、元の VMFS データストアがオフラインになっている必要があります。

VMFS データストアをマウントする際、ESXi では LUN コピー上にあるデータストアの読み取りおよび書き込みが可能です。LUN コピーは書き込み可能である必要があります。データストアのマウントは、システムを再起動しても継続して有効となります。

手順

  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからサーバを選択します。
  2. 構成 タブをクリックして、ハードウェア パネルの ストレージ をクリックします。
  3. ストレージの追加 をクリックします。
  4. ディスク/LUN ストレージ タイプを選択し、次へ をクリックします。
  5. LUN のリストから、データストア名が VMFS ラベル列に表示されている LUN を選択し、次へ をクリックします。

    VMFS ラベル列に表示された名前は、LUN が既存の VMFS データストアのコピーを含むコピーであることを示します。

  6. マウント オプションで、既存の署名を保持 を選択します。
  7. 終了準備の完了ページで、データストア構成情報を確認し、終了 をクリックします。

次のタスク

マウントしたデータストアにあとで再署名する場合、まずアンマウントする必要があります。