仮想マシンの現在の状態の親スナップショットをリストアできます。

始める前に

必要な権限: 仮想マシン > スナップショット管理 > スナップショットまで戻る (仮想マシンが対象)。

このタスクについて

スナップショットを復帰する場合、スナップショット作成後に追加または変更したディスクはスナップショット ポイントに戻されます。たとえば、仮想マシンのスナップショットを作成してからディスクを追加したあとでスナップショットを復帰した場合、追加されたディスクは削除されます。

手順

vSphere Client インベントリ内の仮想マシンを右クリックして、現在のスナップショットまで戻る を選択します。

タスクの結果

仮想マシンの電源状態とデータ状態が、親スナップショットの作成時点の状態に戻されます。親スナップショットがメモリ スナップショットの場合、仮想マシンはパワーオン状態にリストアされます。