ホストでメンテナンスを行なっている場合、仮想マシンの電源状態を変更することは有益です。ツールバーの電源制御のシステム デフォルト設定を使用することも、ゲスト OS を操作する制御を構成することもできます。たとえば、ツールバーの停止ボタンは、仮想マシンをパワーオフするように構成することも、ゲスト OS をシャットダウンするように構成することもできます。

始める前に

  • インベントリの少なくとも 1 台の仮想マシンにアクセスできることを確認します。

  • 仮想マシンで目的の電源操作を行う権限があることを確認します。

  • オプションの電源機能を設定するには、仮想マシンに VMWare Tools をインストールする必要があります。

  • VMware Tools オプションを編集する前に、仮想マシンをパワーオフしておく必要があります。

このタスクについて

仮想マシンの実行中でも、仮想マシンの複数の構成を変更することはできますが、一部の構成については、仮想マシンの電源状態を変更することが必要な場合があります。

1 は、使用可能な電源ボタンのリストと、その動作の説明です。

表 1. 仮想マシンの電源ボタンの設定

電源ボタン

説明

赤い四角いボタンで示す仮想マシンのパワーオフ イメージです。

ゲスト OS をシャットダウンするか、仮想マシンをパワーオフします。パワーオフ動作では、ゲスト OS が正常にシャットダウンされないことを示す確認ダイアログ ボックスが表示されます。このパワーオフ オプションは、必要な場合にのみ使用してください。

オレンジ色の 2 本の縦線が並んだ、仮想マシンのサスペンド イメージです。

VMware Tools がインストールされていない場合は、スクリプトを実行することなく仮想マシンをサスペンドします。VMware Tools がインストールされて利用可能な場合は、サスペンド動作によってスクリプトが実行され、仮想マシンがサスペンドされます。

右向きの緑色の矢印による、パワーオン イメージです。

仮想マシンが停止状態のときにパワーオンします。仮想マシンがサスペンド状態で、VMware Tools がインストールされて利用可能な場合は、仮想マシンをレジュームしてスクリプトを実行します。VMware Tools がインストールされていない場合は、仮想マシンをレジュームしますが、スクリプトは実行しません。

赤と緑の矢印が反時計回りに回転する、仮想マシンのリセット オプション イメージです。

VMware Tools がインストールされていない場合は、仮想マシンをリセットします。VMware Tools がインストールされて利用可能な場合は、ゲスト OS を再起動します。リセット操作では、ゲスト OS が正常にシャットダウンされないことを示す確認ダイアログ ボックスが表示されます。

手順

  1. vSphere Client のインベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. オプション タブをクリックし、VMware Tools を選択します。
  3. 右のパネルで、仮想マシンの 電源制御 を選択します。
  4. パワーオフ ボタンのオプションを選択します。

    オプション

    説明

    ゲストのシャットダウン

    VMware Tools を使用して、仮想マシンのシステム シャットダウンを順次開始します。このタイプのパワーオフは 「ソフト」 電源操作として知られています。ソフト電源操作は、VMware Tools がゲスト OS にインストールされている場合のみ可能です。

    パワーオフ

    仮想マシンをただちに停止します。このタイプのパワーオフは 「ハード」 電源操作として知られています。

    システムのデフォルト

    システムの設定に従います。システム設定の現在の値が括弧に示されます。

  5. サスペンド ボタンのオプションを選択します。

    オプション

    説明

    サスペンド

    すべての仮想マシンのアクティビティを一時停止します。

    システムのデフォルト

    システムの設定に従います。システム設定の現在の値が括弧に示されます。

  6. リセット ボタンのオプションを選択します。

    オプション

    説明

    ゲストの再起動

    VMware Tools を使用して、再起動を順次開始します。このタイプのリセットは 「ソフト」 電源操作として知られています。ソフト電源操作は、VMware Tools がゲスト OS にインストールされている場合のみ可能です。

    リセット

    仮想マシンをパワーオフすることなく、ゲスト OS をシャットダウンして再起動します。このタイプのリセットは 「ハード」 電源操作として知られています。

    システムのデフォルト

    システムの設定に従います。システム設定の現在の値が括弧に示されます。

  7. OK をクリックして、変更内容を保存します。

次のタスク

電源操作の前後に実行する VMware Tools スクリプトを構成します。